超絶人気のスライドドアのスーパーハイト軽自動車! ヒンジドアの「トール軽」を選ぶメリットはあるのか? (1/2ページ)

超絶人気のスライドドアのスーパーハイト軽自動車! ヒンジドアの「トール軽」を選ぶメリットはあるのか?

価格重視で選ぶならヒンジ式ドアのハイト系ワゴンが得策!

 今、コロナ禍にあっても売れ行き絶好調なのが軽自動車。それも、背が高く、両側スライドドアを備えたスーパーハイト系軽自動車が圧倒的に売れている。2021年5月の軽乗用車販売台数ランキングでも、1位ホンダN-BOX、2位スズキ・スペーシア、3位ダイハツ・タント、6位日産ルークスという具合なのである。

 では、もはやスライドドア&背高軽以外の、一般的なヒンジ式ドアを持つ軽自動車を選ぶ理由、メリットはなくなってしまったのか? といえば、そうでもない。使い方によっては、意外にも多数のメリットがあったりするのだ。

 まずは価格だ。スーパーハイト系軽自動車は大空間、両側スライドドアによる乗降性の良さが魅力だが、大開口のスライドドアによるボディ剛性低下をカバーするため、開口部周りには入念な補強対策が施され、また大空間を生かした装備も満載、充実するため、価格は上昇傾向にある。

【関連記事】しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

スーパーハイト軽自動車の開口部イメージ画像はこちら

 たとえば、ハイト系ワゴンのスズキ・ワゴンRは109万8900円からだが、そのプラットフォーム、基本部分を使う、ワゴンRのスーパーハイト系バージョン!? ともいえる(ちょっと乱暴だが)スズキ・スペーシアは129万8000円からと、約20万円も高い価格設定となってしまうのだ。軽自動車を価格重視で選ぶなら、室内空間の広さで十二分な、リヤヒンジ式ドアをもつハイト系ワゴンを選んだほうが得策といってもいい。

スズキ・ワゴンRのフロント画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報