「売れないから放置」じゃなくて「魅力が褪せない」から! モデルチェンジなしの「10年選手」でも「買う価値」溢れるクルマ4台 (1/2ページ)

「売れないから放置」じゃなくて「魅力が褪せない」から! モデルチェンジなしの「10年選手」でも「買う価値」溢れるクルマ4台

この記事をまとめると

■クルマは一定の期間が経つとフルモデルチェンジを行い、アップデートする

■しかし、なかには10年以上フルモデルチェンジをしていないモデルも存在

■この記事では10年選手でも買う価値のあるクルマを4台紹介する

10年以上フルモデルチェンジしていないのには理由があった

 2007年デビューのトヨタ・ランドクルーザー(200系)、2008年に現行型にフルモデルチェンジした日産フェアレディZ(Z34系)といったご長寿モデルが、フルモデルチェンジを発表している。近年、クルマのモデルサイクルは長くなっているが、それでも10年選手となると、ごくごく一部だ。

 そこで、ランドクルーザーやフェアレディZといったロングセラーモデルのフルモデルチェンジを機に、10年以上フルモデルチェンジをしていない10年選手カーを4台ピックアップして紹介しよう。いずれもフレッシュさはないかもしれないが、商品としての魅力は一線級で、あえて選ぶ価値ありのモデルたちだ。

1)三菱デリカD:5

 ロングセラーで独自のポジションを築いているといえば、いの一番に思い浮かぶのが三菱デリカD:5だろう。そのデビューは2007年。先代モデルにあたるデリカスペースギアはエンジン縦置きのビルトインフレーム構造のクロスカントリー的なメカニズムだったのに対し、デリカD:5は当時の三菱主力モデルに共通のFFプラットフォームを採用した。とはいえ、デリカD:5ではモノコックボディを剛性アップするリブボーンフレーム(肋骨のような構造)を採用するなど工夫がなされていた。

【関連記事】巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

10年以上モデルチェンジしていないベテランカー画像はこちら

 モデルライフが長くなるなかで、ディーゼルエンジンの追加設定(2012年)やフロントマスクの大胆な変更(2019年)など商品性を高めながら、クロスカントリーとミニバンのクロスオーバーという唯一無二のキャラクターを確固たるものとしてきた。

三菱デリカD:5(マイナーチェンジ後)画像はこちら

 それゆえ、たとえデビューから14年が経とうと、魅力は色褪せることないのだ。

2)日産エルグランド

 FRからFFにプラットフォームを大変換したミニバンといえば、2010年に現行の3代目モデルにフルモデルチェンジした日産エルグランドも同様だ。

日産エルグランド画像はこちら

 パワートレインは3.5リッターV6と2.5リッター直4という2種類のガソリンエンジンで、どちらもトランスミッションはCVTと組み合わせれている。

日産エルグランドの2.5リッター直4エンジン画像はこちら

 ご存知のように、LLクラスのミニバンではトヨタ・アルファード/ヴェルファイアが圧倒的な支持を集めている。その理由には、威風堂々としたスタイリングもあるだろう。その点において、エルグランドはスポーティ路線であるためトレンドから外れている部分もあり、それが販売実績の低迷につながっているのだろう。

 販売が好調とはいえないからフルモデルチェンジをするインセンティブもわかず、手直ししながらロングセラーとなっている。そしてこのままフルモデルチェンジせずに消滅するとの噂もちらほら。

 とはいえ、エルグランドの低重心プラットフォームや、アルミ製アームを持つサスペンションなどハンドリングへのこだわりは、あえてエルグランドを選ぶファクターのひとつだ。e-POWER(ハイブリッド)も、プロパイロットも用意されていないという現状は、エルグランド・ファンにとっては歯がゆく感じるかもしれないが……。

画像ギャラリー


新着情報