スバル・フォレスターについて 歴史や最新グレードについてご紹介 (1/2ページ)

スバル・フォレスターについて 歴史や最新グレードについてご紹介

グッドデザイン賞を2度も受賞!

 いま自動車市場ではSUVが人気を集める。この記事では、スバルのミドルサイズSUV、フォレスターをご紹介したい。

■スバル・フォレスターとは?

 フォレスターは現在、スバルが最量販車種として位置づけるグローバル戦略車だ。

 ますは歴代モデルについて簡単に振り返ってみよう。

初代(1997年~2002年)

 東京モーターショーにて「ストリーガ」が出典された後、フォレスターとして市販化されて登場。ボディサイズは全長4460mm×全幅1735mm×全高1535-1595mm。スバル車で初めて前席SRSサイドエアバックを採用した。登場時は2リッターターボのみだっかが、1997年に2リッターNAを追加。1998年には2.5リッターNAを追加している。

【関連記事】今流行の大型グリル! アイサイトもバージョンアップ! 新型フォレスターの進化っぷりを詳細解説

スバル・フォレスター(初代)のフロントスタイリング画像はこちら

2代目(2002年~2007年)

 見た目はキープコンセプトとしながら、軽量化などによって走りやすさを高めた。ボディサイズは全長4485mm×全幅1735mm×全高1550-1590mm。2.5リッターNAモデルは撤廃された。発売後2週間で月販目標の3,000台を達成。2006年には累計生産台数が100万台を突破したことを発表した。

スバル・フォレスター(2代目)のフロントスタイリング画像はこちら

3代目 (2007年~2012年)

 ボディサイズは全長4560mm×全幅1780mm×全高1675mmと車高が上がり、よりSUVらしいエクステリアとなって登場。先代までのワゴンとSUVを組み合わせたような見た目から、純粋なクロスオーバーSUVへと生まれ変わった。装備についても、サイドアンダーミラーを標準搭載。発売開始1か月間の受注台数は目標値を大きく上回る4285台を記録した。

スバル・フォレスター(3代目)のフロントスタイリング画像はこちら

4代目(2012年~2018年)

 キャッチフレーズは「実証。全方位SUV」。ボディサイズは全長4595mm×全幅1795mm×全高1715mm。MT車は5速から6速に多段化し、ショートストローク化。AT車はトルクコンバータ式の4ATからCVT「リニアトロニック」となった。リニアトロニック車には悪路走行性能を高める機能「X-MODE」や、「ヒルディセントコントロール」を新搭載。また運転支援システム「EyeSight(Ver.2)」を標準装備したグレードを用意した。2013年にはグッドデザイン賞を受賞。

スバル・フォレスター(4代目)のフロントスタイリング画像はこちら

5代目(2018年~)

 エクステリアは正常進化としながらも、スバル共通のデザインフィロソフィー「DYNAMIC x SOLID」に基づいたものとした。「SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用。またエンジンは2.5リッターNAと2リッターハイブリッドをラインアップ。安全装備では、アイサイト(ver.3)に加え、アイサイト・ツーリングアシストが全車に標準装備。2018年には先代に続き、再びグッドデザイン賞を受賞。2020年には1.8リッターターボモデルを追加し、2.5リッターNAを撤廃。ターボ以外のモデルすべてをハイブリッド(e-BOXER)とした。

スバル・フォレスター(5代目)のフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー

カテゴリー:

新着情報