悪路を全開でぶっ飛ばすグラベル仕様の「ヤリス」! 全日本ラリーJN1クラスで優勝したクルマの中身とは (1/2ページ)

悪路を全開でぶっ飛ばすグラベル仕様の「ヤリス」! 全日本ラリーJN1クラスで優勝したクルマの中身とは

最大のポイントはタイヤ&ホイール!

 全日本ラリー選手権の第7戦「ARKラリー・カムイ」が7月2日〜4日、北海道虻田郡ニセコ町を舞台に開催。2021年のシリーズにおいて初のグラベル戦として注目を集めるなか、トヨタGAZOOレーシングの勝田範彦が素晴らしいパフォーマンスを披露し、トヨタGRヤリスが最高峰のJN1クラスで初優勝を獲得したのだが、果たして全日本ラリー選手権のグラベル仕様車とは、どのようなマシンなのだろうか? そして、グラベル仕様車とどのような違いがあるのか?

 というわけで、ここではグラベルイベントに初参戦を果たしたトヨタGAZOOレーシングのGRヤリスを参考にグラベル仕様車の特徴をクローズアップしたい。

【関連記事】何の商品? モータースポーツマシンに貼られた超有名なロゴ5つの正体とは

トヨタGAZOOレーシング GRヤリスの走り01画像はこちら

 まず、グラベル仕様車における最大のポイントがタイヤ&ホイールにほかならない。245mm、18インチと幅が広く、大口径のホイール&タイヤを使用するターマックに対して、グラベルでは205mm、15インチとコンパクトなグラベル用タイヤ&ホイールを採用している。それに合わせてキャリパー&ローターのブレーキシステムもコンパクトなキットに変更。

トヨタGAZOOレーシング GRヤリスのタイヤ&ホイール画像はこちら

 もちろん、衝撃吸収性を高めるべく、ダンパーやスプリング、スタビライザーもグラベル専用モデルを採用するほか、グラベルでの走破性を高めるべく、車高も40mmほど高く設定していることもグラベル仕様車ならではの特徴と言えるだろう。

画像ギャラリー