25年ルールでアメリカに渡る日本のスポーツカー! 日本と同様に「保険料」は高いのか? (1/2ページ)

25年ルールでアメリカに渡る日本のスポーツカー! 日本と同様に「保険料」は高いのか?

ハイパワーターボな国産旧車は事故リスクが高いという判断

 2ドアスポーツカーの「2+2」という設計思想。フロントシートは大人ふたりがゆったり座れるが、後席に大人が乘るのはかなり窮屈な空間で、子どもが座ったり、または荷室にしたりするという車内レイアウトである。

 この「2+2」の採用について、スポーツカー王国であるアメリカでは2シータースポーツカーの自動車保険が初期設定として料金が高い、だから、安くするために「2+2」とする発想だったのではないか、という憶測が日本の一部にあるようだが、正直なところ、筆者としてことの詳細は承知していない。

 その上で、たとえばマツダRX-8も、アメリカ市場を強く意識したモデルで、あえて観音開きとなるフリースタイルドアを採用したのも、自動車保険を気にしたから……、という憶測もあるようだが、当時のRX-8の設計思想を知る者として「主たる要因ではない」と思う。

【関連記事】意外な車種が高値に! アメリカで人気のネオクラ日本車5台とは

マツダRX-8のフリースタイルドア画像はこちら

 そもそも、RX-8のライバル車種は、BMW 3シリーズであり、アメリカの某サーキットでは、RX-8の覆面テストカーとBMW 3シリーズが比較走行を繰り返していた。3シリーズ同様の利便性の確保のためにフリースタイルドアになったと考える方が妥当な気がする。

画像ギャラリー


新着情報