これって「サポートカー」じゃないの? 2台のピックアップトラックが「競技車」として北海道の悪路を爆走した! (1/2ページ)

これって「サポートカー」じゃないの? 2台のピックアップトラックが「競技車」として北海道の悪路を爆走した!

2台のトヨタ・ハイラックスが参戦!

 ワンボックスのトヨタ・ハイエースが全日本ラリー選手権に参戦するほか、コンパクトSUVのトヨタC-HRが日本スーパーラリーシリーズに参戦するなど、国内ラリーシーンに続々とユニークな車両が登場しているが、7月2日〜4日、北海道虻田郡ニセコ町を舞台に開催された第7戦「ARKラリー・カムイ」にも、スプリントラリーシーンにおいては珍しいマシンがデビューしていた。

 そのマシンとはトヨタのピックアップトラックのハイラックスで、ラリー・カムイでは新設のOP-XCクラスにTRD製の47号車「TRD Hilux Revo」とJAOS製の48号車「JAOS_HILUX-KYB & TOYO」の2台のハイラックスが参戦していた。

【関連記事】アメリカでバカ売れの「ピックアップトラック」! 日本で乗る「意外な苦労」と「驚くほどの楽しさ」とは

JAOS製 48号車「JAOS_HILUX-KYB & TOYO」の走り画像はこちら

 なかでも、圧倒的なパフォーマンスを見せていたのが、TRD製の47号車だった。平塚忠博/鈴木裕が好タイムを連発。そのタイムはJN6クラスのトヨタ・ヤリスやトヨタ・アクアなどの軽量コンパクトを凌駕するほどのレベルで、圧倒的な強さでOP-XCクラスを制したほか、総合順位でも22番手に位置する好成績を収めたのだが、このTRD製のハイラックスはどのようなマシンのか? 製作を担当したトヨタカスタマイジング&ディベロップメントでTRD事業部・第2MS事業室の室長を務める柏村勝敏氏を直撃した。

柏村勝敏さん(TRD事業部・第2MS事業室 室長)画像はこちら

 まず、この47号車は2400ccエンジン搭載の国内仕様モデルではなく、2800ccエンジンを搭載したタイ仕様モデルがベースになっており、FIAやJAF公認が不要なRF車両として開発。とはいえ、主な変更点としてはフロントのダンパーとアッパーマウントおよびロアアーム、リヤのショックアブソーバーなどの足まわりと安全装備としてのロールゲージ、あとはアンダーガードなどの補強パーツとバケットシート、TRD製のオーバーフェンダーとフロントグリルぐらいで、ほぼノーマルの状態だという。

画像ギャラリー