なんと1960年代にリッター100馬力の高出力エンジンを積んだホットモデル! スバル360ヤングSSとは (1/2ページ)

なんと1960年代にリッター100馬力の高出力エンジンを積んだホットモデル! スバル360ヤングSSとは

ストライプが入ったボンネットが印象的!

 今ではすっかりファーストカーとして、実用にも耐えうるほど性能面でも機能面でも高いレベルとなった軽自動車。そんな軽自動車の元祖とも言える存在が1958年に登場したスバル360ではないだろうか。

 限られたサイズながら大人4人が乗車することができ、比較的安価で十分な実用性を持ち合わせていたスバル360は、当時の国民車構想に沿ったモデルとして多くのユーザーに歓迎されたモデルとなっていた。

【関連記事】【ニッポンの名車】庶民に夢のマイカーを実現させた「スバル360」驚異の技術

スバル360のフロントスタイリング画像はこちら

 そんなスバル360は、発売翌年にはキャンバストップを備えたコンバーチブルや商用モデルのコマーシャルを追加したほか、1963年には車体後部を商用バン形状としたカスタムを投入するなど派生車種が多いことでも知られている。

 そのなかでもホットモデルとも言えるのが、モデル末期の1968年に登場した「ヤングSS」である。

スバル360 ヤングSSのフロントフェイス画像はこちら

 すでに登場から10年が経過していたスバル360には、遅れて登場した他メーカーのライバル車も多く存在しており、販売台数にも陰りが見え始めていた。

画像ギャラリー


新着情報