伝説のロングテールがオープンカーになって降臨! マクラーレン765LTスパイダーのオーダー受付中 (1/2ページ)

noteで書く
伝説のロングテールがオープンカーになって降臨! マクラーレン765LTスパイダーのオーダー受付中

車名にちなんだ限定765台、ただし初年度分は完売

 マクラーレンにとってロングテール(=LT)の名前は特別だ。最初のLTは1997年に登場したF1 GTRロングテールであった。そう、F1の最終進化形であり、レースを戦うために作られた特別なモデル。そしてこれまでに「LT」の名は幾たびか復活している。

 そんなLTが昨年、765LTとして登場し、765台の限定販売を行った。もちろんこのとき発売されたクーペはすでに完売となっているが、今回新たに765LTスパイダーとして、またも765台の販売をすることが発表された。

【関連記事】子ども専用のスーパーカー!? McLaren GTライドオンが新登場!

マクラーレン765LTスパイダーのフロントスタイリング画像はこちら

 765LTスパイダーは、マクラーレン史上最もパワフルなコンバーチブル・スーパーカーとなり、ドライバーとの一体感を史上最高レベルにまで引き上げられているという。

 また、すべてのマクラーレン・ロングテールの最大の特長である、最小限の車重やサーキット志向のダイナミクス、最適化されたエアロダイナミクスに加えて、クーペバージョンが誇るクラストップの性能をすべて備えるモデルとして開発されている。765LTスパイダーの乾燥重量は、わずか1388kgで、720S スパイダーより80kg軽く、最も近い競合モデルより約100kgも軽量となる。

 765LTスパイダーのボディサイズは、全長が4600mm、ホイールベースは 2670mmとなる。765LTスパイダーのノーズは720Sより48mm長く、アクティブ・リア・ウイングは9mm延長され、全長は57mm長くなった。ただし、フロントのライドハイトは720Sよりも5mm低く、車体の前傾姿勢が強まったことでダウンフォースも増加しているという。

マクラーレン765LTスパイダーのサイドスタイリング画像はこちら

 一体型のカーボン・ファイバー製電動リトラクタブル・ハード・トップ(RHT)は、わずか11秒でオープントップ走行を可能にし、50km/hまでは走行中でも作動する。オープン時には、4本出しのチタン製エグゾースト・システムから放たれるドラマチックなサウンドがキャビンを満たし、ドライバーとの一体感が別次元に引き上げてくれることだろう。

画像ギャラリー


新着情報