世界最古と言われるコーチビルダーが手がけた逸品! ベンテイガ用22インチカーボンファイバーホイールを開発

noteで書く
世界最古と言われるコーチビルダーが手がけた逸品! ベンテイガ用22インチカーボンファイバーホイールを開発

世界最大級のカーボンホイールが登場

 ベントレーの特装車部門であり、また世界最古と言われるコーチビルダーでもある「マリナー」が、ベントレー・ベンテイガ用にカーボンホイールを開発した。生産されているカーボンホイールの中で最大のサイズだという。

【関連記事】200万円のホイールに1000万円のオーディオまで! 自動車の超高額アイテムが凄い

ベントレーベンテイガのフロントスタイリング画像はこちら

 ベンテイガ用カーボンホイールは、同車種のアルミニウムと比較してホイール1個あたりバネ下質量で6kgの軽量化を実現しており、イタリアの大手複合材メーカーBucci Composites S.p.A (ブッチ コンポジット社)と共同開発したアイテムでもある。開発期間はおよそ5年だ。

ベンテイガ用22インチカーボンファイバーホイール画像はこちら

 また、このカーボンホイールは、非常に厳しいとされるTÜV(Technischer Überwachungsverei:技術検査協会)の基準を満たしており、すべてのテストに合格した史上初のカーボンホイールとなっているのも特徴だ。リムは、二軸応力試験、くぼみや石畳を模した半径方向および横方向の衝撃試験、タイヤの過圧、許容範囲を超える過大なトルク試験など、TÜVの新基準に基づき、非金属製ホイールとしてはもっとも厳しい試験を受けて合格している。

ベンテイガ用22インチカーボンファイバーホイール スポーク部分画像はこちら

 通常のアルミホイールでは、亀裂が入ったり粉々になったりするような激しい衝撃を受けると、タイヤは爆発をするように崩壊するが、カーボンファイバー製のリムは、インテリジェントな繊維の織り方により、ゆっくりとタイヤを収縮させることができ、クルマを制御しながら安全に停止させることができるという、バネ下軽量以外にも安全面でのメリットもある。ホイールの軽量化によってブレーキ性能の向上やリムの歪みを抑えることによって、タイヤの接地面も最適化されるなどなどメリットは多岐にわたる。

ベンテイガ用22インチカーボンファイバーホイール アップ画像はこちら

 なお、ニュルブルクリンクでの走行テストも完了してるというお墨付きだ。

 注文は2021年末から開始する予定とのこと。

画像ギャラリー


新着情報