右足がとまらない! このご時世にエンジンの「快音」が楽しめる激レアなクルマ5選 (1/2ページ)

右足がとまらない! このご時世にエンジンの「快音」が楽しめる激レアなクルマ5選

いい音がするガソリンエンジンを堪能するなら今!

 10年前と比べて、街中を走る乗用車は静かになったと感じませんか? 東京都環境局による交通騒音調査データでは、千代田区神田須田町あたりの騒音が平成21年は昼間で71dbありましたが、令和元年では65dbまで低くなっていました。ハイブリッドをはじめとする電動化車両が増えたり、技術者の努力によって排気音が抑えられたり、道路の舗装にも騒音対策が施されるようになったことも貢献しているかもしれませんね。

 でもまだまだ、まるで楽器のように美しい音色を奏でる、ずっと聴いていたいようなエンジンサウンドを響かせてくれるクルマだって、健在です。最近はエンジンサウンド・コントロールといった先進技術によって、人工的に「いい音」を聴かせてくれるクルマも増えてきました。今回はそんな、うっとりするようなエンジン音を持つクルマをご紹介したいと思います。

1)トヨタGR86

 1台目は、先日2代目にフルモデルチェンジしたトヨタのGR86。こちらはアクセルを踏み込むとかなりリニアで勇ましいエンジン音が、室内にも響き渡ります。そのサウンドにテンションを高められて、どんどんアクセルを踏んで攻めてしまいそうな、高揚感をアップさせてくれる野太い音なんです。

【関連記事】ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

GR86走り画像はこちら

 初代には、吸気音を車内に引き込んで音を攪拌する「サウンドクリエーター」が備わっていたんですが、新型に搭載されているのは、まさに高揚感のあるサウンドを人工的に演出する「アクティブサウンドコントロール」。

GR86走りリヤ画像はこちら

 具体的には、200Hz〜400Hzの中回転域と、600Hz以上の高回転域の力強いサウンドを、雑味を取ってスピーカーから聴かせるというもの。ちなみにスバルBRZとはそのサウンドの聴かせ方を変えているそうなので、乗り比べてみると面白いと思います。

2)日産スカイライン400R

 2台目は、羊の皮を被った狼との呼び声高い、ニッサン・スカイライン400R。スカイライン史上最強の3リッターV6ツインターボエンジンは、そのままでも日産V6エンジンのDNAを受け継ぐ官能的なサウンドが楽しめるのですが、それをもっともっといい音にして聴かせてくれるのが、やはりアクティブサウンドコントロール。

スカイラン400R全体画像はこちら

 走行時にエンジン回転数やドライブモードに応じた音をスピーカーから出し、車内で聴こえるエンジンサウンドの音質を高めてくれるというものです。スカイライン400Rには、オプションでBOSEのパフォーマンスシリーズ・サウンドシステムが設定されているんですが、それだと室内後方のウーファーからも響くということで、全身が包まれるようなサウンドが楽しめます。

スカイライン400Rマフラー画像はこちら

 しかも、スカイラインには「アクティブノイズコントロール」というシステムもあって、天井のマイクでエンジンのこもり音を検知して、スピーカーから自動的にこもり音を打ち消す音を出すというのです! なんという芸の細かさ。不快な音は聞こえず、いい音だけを聴かせてくれるなんて、素晴らしいですよね。

画像ギャラリー