空前のSUVブームにドンピシャ……のハズがなぜか売れない残念なSUV3選 (1/2ページ)

空前のSUVブームにドンピシャ……のハズがなぜか売れない残念なSUV3選

この記事をまとめると

■独創的なモデルで人気が出ても、長期的に見ると無難なモデルの方が堅実に売れる

■価格に見合った内装に仕立てないとユーザーは離れてしまう

■コンセプトが面白くても市場の意見と真摯に向き合うことが重要だ

いくらブームでも波に乗れない残念モデルたち

1)トヨタC-HR

 C-HRは2016年12月に発売され、2017年1〜6月には1カ月平均で1万3200台を登録した。小型/普通車の販売ランキング順位も、プリウスとノートに次ぐ3位で、SUVでは突出した人気車になった。

【関連記事】目の付け所はいいのに時代がついてこなかった! 登場が早すぎて消えたSUV5選

C-HR全体画像はこちら

 ところが、その後の売れ行きは急速に下がり、2021年1〜7月の1カ月平均は1750台だ。4年前の13%しか売れていない。

 C-HRはSUVのカテゴリーに含まれるが、外観は5ドアクーペ風でデザインに特徴を持たせた。このようなクルマではユーザーが購買意欲を一気に高め、「スグに欲しい」と考える。そのために発売直後には大量に販売されるが、行き渡ると急速に下がってしまう。

C-HR全体画像はこちら

 その点でヴェゼルのような居住空間や荷室の広いSUVは実用性で選ばれるから、売れ行きが急増しない代わりに長期間にわたって根強い人気を保つ。2017年と2018年には、C-HRがSUVの販売1位になったが、2019年になると、2013年に発売された基本設計の古い先代ヴェゼルが再び1位に返り咲いた。

ヴェゼル全体画像はこちら

 ちなみにトヨタの販売店ではカローラクロスの受注が始まったが、この背景にもC-HRの販売低迷がある。カローラクロスはホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値まで含めてプラットフォームはC-HRと共通で、ハイブリッドシステムも同じタイプを使う。

カローラクロスイメージ図画像はこちら

 価格はC-HRハイブリッド2WDは274万5000円から314万5000円だが、カローラクロスハイブリッド2WDは259〜299万円と少し安い。つまりカローラクロスハイブリッドは、C-HRの販売不振を挽回する商品に位置付けられる。

画像ギャラリー


新着情報