絶対王者の販売力でも苦戦! 意欲的なコンセプトも売れなかったトヨタのプレミアムカー3選  (1/2ページ)

絶対王者の販売力でも苦戦! 意欲的なコンセプトも売れなかったトヨタのプレミアムカー3選 

この記事をまとめると

■トヨタは小型のプレミアムカーを数台ラインアップしていた

■セールスは芳しくなく2代目が出ることはなかった

■どれもこだわりのコンセプトを持っていたことは間違いない

絶好調のトヨタでも販売に苦戦した残念モデルがあった!

 トヨタと言うと無難な車種が多いイメージを持つ人は未だに多いのではないだろうか。しかし、今では一般的となったハイブリッド車も、プリウスが先陣を切っていなければここまで普及したかどうか分からないし、スバルとの共同開発で生まれた86/BRZもトヨタがいたからこそ世に出たモデルと言える。

 そんなじつは斬新でチャレンジングなモデルも少なくないトヨタだが、なかにはイマイチ人気にならずにひっそりと消えていってしまったモデルたちも少なくない。今回はそんなトヨタでもコケてしまった斬新なモデルをご紹介しよう。

1)プログレ/ブレビス

「小さな高級車」という新たな価値観を創造するために1998年にリリースされたプログレ。

【関連記事】トヨタといえば6気筒……ばかりじゃない! 陰に隠れたトヨタの直4エンジンの「名機」4選

プログレ走り画像はこちら

 全幅が5mmほど5ナンバーサイズからはみ出しただけという、ほぼ5ナンバーサイズのボディに、2.5〜3リッターという大排気量のエンジンを搭載したプログレは、2代目センチュリーのチーフエンジニアが手掛けた本格的な高級車だった。

プログレエンジン画像はこちら

 一部グレードにはクラウンにすら設定されていなかった本木目の内装をおごり、本革シートといった高級マテリアルだけでなく、レーダークルーズコントロールやナビ協調シフトなど、先進的な装備も多く備えていた。

プログレリヤ画像はこちら

 しかし、そのあまりに保守的なエクステリアは年輩のユーザー以外には刺さることがなく、販売台数が伸びることはなかった。2001年には丸みを帯びたミニセルシオ的なルックスの兄弟車、ブレビスも設定されたが、やはり高級車=大きな車体という概念を打ち崩すことはできなかったのだ。

ブレビス走り画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報