WEB CARTOPでもおなじみのジャーナリスト「藤トモ」が本気で勝負! 【KYOJOドライバーの素顔】Vol.5 藤島知子選手 (1/2ページ)

WEB CARTOPでもおなじみのジャーナリスト「藤トモ」が本気で勝負! 【KYOJOドライバーの素顔】Vol.5 藤島知子選手

この記事をまとめると

■女性ドライバー限定のプロシリーズ「KYOJO CUP」が開催中

■本連載では参戦ドライバーにインタビューを行なっている

■今回はモータージャーナリストでもおなじみの藤島知子選手にお話を伺った

ドライバーとしてもさまざまなカテゴリーにチャレンジ!

 女性ドライバー限定のプロシリーズとして2017年にスタートした「KYOJO CUP」にはさまざまな経歴を持つドライバーが集結。今回紹介する藤島知子選手も異色の経歴を持つドライバーのひとりだ。

 ご存じのとおり、藤島選手はモータージャーナリストとしていろんなメディアで活躍しているが、ドライバーとしての経験も豊富。その出発点はレースクイーンで、「スーパー耐久でキャンギャルをやっている時にスズキのKeiのワンメイクレースシリーズが始まりました。ビギナー向けの競技だったので素人の体験企画として参戦したのがきっかけです」とのことでドライバーとしてレースにでビュー。「成績が悪いし、怖いんですけど、一度レースをやるとまた続けたくなるんですよね」とのことで、藤島選手はドライバーに転向したという。

【関連記事】レースの1週間前に急きょ参戦決定! カートの経験を活かして勝利を目指す【KYOJOドライバーの素顔】Vol.4 星七麻衣

藤島知子選手画像はこちら

 以来、ジャーナリストとしてさまざまなメディアで活躍すると同時にドライバーとしてもフォーミュラ・スズキ隼シリーズやマツダロードスター・パーティレース、スーパー耐久などさまざまなカゴテリーにチャレンジ。KYOJO CUPにも設立初年度の2017年から参戦を開始している。

 スーパー耐久シリーズ第3戦の富士24時間レースにホンダ・シビックでST-2クラスに参戦するなど2021年もさまざまなカテゴリーに挑む藤島選手にKYOJO CUPの主力モデル、VITA-01の印象を尋ねると「エンジンはヴィッツRSに搭載されていた1500ccのエンジンですが、ドライバーの後ろに搭載され、後輪駆動になっているし、車両重量も615kgに設定されているので軽いし、パワーウエイトレシオも高い。フォーミュラとハコ車の中間で難しいクルマです」とインプレッション。

藤島知子選手走行シーン01画像はこちら

 さらに「ABSもパワステもない。ほとんど電子制御のないクルマだからこそ、ドライバーの操作した挙動がクルマに現れるので難しい。でも、これで練習しておけばほかのクルマで上手く走れるのでスキルアップになると思います」と付け加える。

画像ギャラリー