1やRに入りにくいのは「ボロ」だからとは限らない! 冬や早朝に起こる「MT車のギヤが入りにくい問題」の対策5つ (1/2ページ)

1やRに入りにくいのは「ボロ」だからとは限らない! 冬や早朝に起こる「MT車のギヤが入りにくい問題」の対策5つ

この記事をまとめると

■乗り出しにMT車のギヤが入りにくいことがある

■寒い日などはとくに起こりやすい現象だ

■この記事では5つの対策を挙げて解説する

一度クラッチを切って他のギヤに入れると改善されるケースも

 寒い日の朝一番など、出かけようとしたときに、MT車だと1速、あるいはRにギヤが入りにくいときがある。

 こうしたとき、ガリッとギヤ鳴きを起こさないための対策があるので、いくつか紹介してみよう。

1)先に別のギヤに一度入れてみる

 ニュートラルで停止中、トランスミッションのなかでは、インプットシャフトとカウンターシャフトはつながって一緒に回っているが、アウトプットシャフトはフリーの状態で止まっている。

 そこで一度クラッチを切って、ほかのギヤに入れると、カウンターシャフトがアウトプットシャフトとつながって、回転が止まるので、1速やRにも素直にギヤが入りやすくなる。

【関連記事】【クルマが壊れそうだけど大丈夫?】マニュアル変速時に起こる「ガリガリ」音! その時何が起こっているのか

ギヤを入れ直すイメージ画像はこちら

 古いクルマの場合、1速やRにシンクロが入っていないクルマもあるし、軽自動車にはいまでもRにシンクロがないクルマもあるので、こうしたクルマにはかなり有効。

 また、90年代のクルマ、たとえばスカイラインGT-R(R32)でも、2速と3速だけダブルコーンシンクロで、1速と4速と5速はシングルコーンシンクロだったりするので、シンクロがあってもシングルコーンのギヤには入りにくい場合がある。

日産スカイラインGT-R(R32)の走り画像はこちら

 こうしたクルマもシンクロがよく効くほかのギヤに入れてから、1速あるいはRにシフトすると、スムースに入りやすくなる。

 もっとも最近のクルマ、たとえばトヨタ86などは、1~3速がトリプルコーン、4~6速がシングルコーンシンクロ。スイフトも1速・2速がトリプル、3速がダブル、4~6速がシングルコーンなので、1速はつねに入りやすい……。

画像ギャラリー


新着情報