クルマのプロ達は絶賛! なのに「売れない」残念すぎるクルマ4選 (1/2ページ)

クルマのプロ達は絶賛! なのに「売れない」残念すぎるクルマ4選

この記事をまとめると

■走りや機能面が優れていてもクルマは売れるとは限らない

■今回取り上げる4台はプロからの評価が高いにもかかわらず販売不振のモデル

■もうすぐ絶版となってしまうモデルもある

機能や走りがいいからといって売れないのがクルマの難しさ

 世の中には、数えきれないほどのクルマ、新型車が存在するが、クルマの評価を生業している自動車評論家の評価と、実際の売れ行きに隔たりがあるクルマも存在する。ズバリ言えば、とてもいいクルマなのに、何故か売れてない……ということだ。

1)日産フェアレディZ

 その筆頭が、間もなく新型が登場し、世界的にも大きな話題になっている日産フェアレディZだ。かつては日本、北米で一世を風靡した超人気スポーツカーであり、多くのファン、クラブに支えられてきた(筆者自身もかつてZクラブの会員だった/S130時代)。とくに2008年に登場したZ34と呼ばれる6代目となるZは、かつてないスポーツ度を備え、乗る者を奮い立たせるほどの硬派なスポーツカーに仕上がっていた。

【関連記事】なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

Z34型フェアレディZの走行シーン画像はこちら

 が、日産にはGT-Rがあり、そちらは毎年のように進化し、ある意味、ファン待望の仕様に進化し続けてきたのに対して、Zはそうした改良がほとんど施されず、最初の改良はデビュー4年目だった経緯がある。

Z34型フェアレディZの走行シーンのリヤ画像はこちら

 そう、同じ日産の、もはやリアルスポーツとして神話化された、レースでも大活躍するGT-Rの陰に隠れた存在になってしまった感があり、日本、北米ともに、特にここ数年の販売台数は下降。街で見かける機会も激減していた。最近では、6代目Zの自動車専門誌、WEBの露出もまた、ほぼないに等しかったのだ(NISMOを除く)。

Z34型フェアレディZのインストゥルメントパネル画像はこちら

 しかしながら、スカイライン400Rのエンジンを積み、9速MTも用意される!! 新型は、Z最後の純ガソリン車のスーパースポーツとして登場することになるはずで、往年のZファンならずとも、これまでにない注目度を、販売の絶対数はともかく、”静かに”浴びるに違いない。というより、Zを存続させてくれた日産に感謝、というしかない。新型は、商品力の維持という点でも、デビュー以降のイヤーモデルの進化にも力を入れたもらいたいところである。

新型フェアレディZのプロトタイプ画像はこちら

2)ホンダ・ステップワゴン

 ファミリーミニバンとして、これ以上ない使い勝手を持つホンダ・ステップワゴンも、評論家に評価の高いミニバンである。とくにハイブリッドモデルの走りは、ライバルとの比較試乗を行えば行うほど光り、エンジンフィール、動力性能、乗り心地、操縦安定性ともにピカイチ。

ステップワゴンの走行シーン画像はこちら

 しかも、第5のドアである、バックドアのわくわくゲートのサブドアから人もペットも乗り降りでき、車体後方にスペースがなくても大きな縦開きのバックドアを開けずに、横開きのサブドアから荷物を出し入れできる便利さはもう感動ものなのである。

ステップワゴンのワクワクゲート画像はこちら

 ところが、初代から大人気の日本の国民的多人数乗車可能なファミリーカーとして大ヒットしたステップワゴンも、そうした機能を持つ5代目でいきなり人気低迷。ここのところ、乗用車販売台数ランキングで20位前後が定位置であり、ミニバンとして、アルファードやヴォクシー、フリード、セレナ、ノア、シエンタなどに大きく水をあけられているのだから寂しい。

ステップワゴンのリヤスタイリング画像はこちら

 主な理由として、女性ユーザーからリヤの左右非対称デザインが気に入らない、独立したリヤバンパーがなく、万が一、ぶつけてしまった時の修理代が不安……といった声が上がっているそうで、先進運転支援機能でプロパイロットを用意するセレナにリードされているのは事実だが、乗って、走って、使ってみれば、自動車評論家が太鼓判を押す意味が分かってもらえると思うのだが……。

画像ギャラリー