新車種&特別仕様車を追加! 「MAZDA3」および「MAZDA CX-30」を一部商品改良 (1/2ページ)

新車種&特別仕様車を追加! 「MAZDA3」および「MAZDA CX-30」を一部商品改良

この記事をまとめると

■MAZDA3およびCX-30が一部改良と特別仕様車、新機種を設定

■エンジンフィールやアクセルの操作感などが改良されている

■「CX-5」などに設定されている「Black Tone Edition」をMAZDA3とCX-30にも採用

同社の売れ筋モデルに期待の新グレードと特別仕様車が登場!

 マツダの展開する個性豊かな車種のなかでも魅力的なコンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」のふたつのモデルに一部改良が入り、加えて新機種と特別仕様車が用意された。

【関連記事】70%に達する猛者も! 「クルマ好きって多かったのね」って安心する「MT販売比率」の高い国産車5選

マツダ3のフロントスタイリング画像はこちら

 新機種として、e-SKYACTIV-X搭載車に「Smart Edition(スマートエディション)」を設定。すべてのパワートレイン搭載車には特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」が展開され、11月下旬に販売が開始されるという。

 一部改良の概要は以下の通りだ。

 まず、新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X(イー・スカイアクティブ エックス)」搭載車は、ドライバーの意のままに操る自在感と爽快感を向上させるために、アクセルペダルの操作力の最適化などによりクルマとの一体感が増す加速フィールとエンジンサウンドになるように調律されている。具体的にいうと、アクセルを操作した瞬間から意のままにクルマを操る自在感や、高回転まで爽快に加速する感覚を高めるために、吸気口やサイレンサーの部品を変更し、加速時のエンジンサウンドを強調させる仕様となっているという。

CX-30インパネ画像はこちら

 アクセルペダルに関しては、ペダルの反力を上げることにより、アクセルペダルを操作している感覚が明瞭に感じられるよになっているとのことだ。

 また、一部機種の燃費改善も実施し、e-SKYACTIV X搭載車のすべての車種が、2030年度燃費基準における減税対象となっているのも嬉しいポイントだ。これにより、マツダのどれを選んでも減税の対象となっている。

 ちなみに、「MAZDA3」のターンランプにも変更が入った。こちらは、「CX-30」に採用した魂動デザインにつながるような生命感を持たせたという「ディミングターンシグナル」に変更。なお、2車種において新外板色となる「プラチナクォーツメタリック」を、「MAZDA3 SEDAN」にポリメタルグレーメタリックを選択できるようなっているという、カラーバリエーションが追加された点にも注目だ。

画像ギャラリー


新着情報