迷っている時間はない! BEVやPHEVの「購入補助金」予算は「あっという間」に消化する可能性アリ (1/2ページ)

迷っている時間はない! BEVやPHEVの「購入補助金」予算は「あっという間」に消化する可能性アリ

この記事をまとめると

■「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」を令和3年度補正予算案に計上

■登録BEV80万円、軽規格BEV50万円、PHEV50万円、FCEV250万円が購入補助される

■11月26日以降に登録した車両が対象で、あっという間に消化してしまう可能性もある

いままでの補助金と比較しても破格の条件となっている

 経済産業省が11月26日に、BEV(バッテリー電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、FCEV(燃料電池車)を対象とした、「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」が令和3年度補正予算案に盛り込まれたことを発表した。

 登録BEVで80万円、軽規格BEVで50万円、PHEVで50万円、FCEVで250万円を最大限度として購入補助されるというものである。

 この発表があった翌週に、さっそく三菱自動車系ディーラーを訪れた。

 三菱自動車ではちょうどエクリプスクロスPHEVが一部改良を行い11月25日に発売されたばかりなので、さっそくセールスマンに補助金について聞いてみた。

【関連記事】あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

三菱エクリプスクロスPHEVのフロントスタイリング画像はこちら

「PHEVで最大50万円という購入補助はいままでの補助金と比較しても破格なものとなっております。この補助金についての報道があったのが金曜日です。そして、翌日の土曜日、翌々日の日曜日には、今後発売予定(取材時は未発売)の新型アウトランダーPHEVも含め、多数のご購入をご検討されているお客様がご来店されました。そして、受注も多くいただいております」と、すでに補助金効果のある様子を語ってくれた。

三菱アウトランダーPHEVのフロントスタイリング画像はこちら

「バッテリーのみでのBEV走行は40~50kmほどとなっております。電気を使い果たしたあとは“プリウス的”にお乗りいただくことになります。現状では市中での充電インフラが充実しているとはいえません。そのため、いまの日本ではBEV購入は敷居が高いことは否定できません。その意味でもPHEVがお客様のなかで注目されているようです」とも語ってくれた。

画像ギャラリー


新着情報