納期が数年のランクル300を待つ必要ある? 旧型ランクルでも「満足できる」これだけの理由 (1/2ページ)

納期が数年のランクル300を待つ必要ある? 旧型ランクルでも「満足できる」これだけの理由

この記事をまとめると

■日本でランクルに乗るのなら新型300系にこだわる必要はない

■ボディサイズは先代から、ホイールベースは3世代前からほとんど変わっていない

■日本でも期間限定発売された70系の操る喜びは300系よりはるかに上だ

新車の納車を数年待つなら旧型を選ぶのもアリ

 今年8月に発表されたトヨタの新型ランドクルーザー(以下ランクル)、通称300系の納期が2年以上という状況になっていることを、ニュースなどで見た人もいるだろう。

【関連記事】ランクル300は異例ずくめ! 超長期納車待ちに「厳しい購入審査」が存在した

トヨタ・ランドクルーザー300のフロントスタイリング画像はこちら

 ランクルは生まれ故郷の日本以上に、アフリカや中東、オーストラリアなど、草原や砂漠が果てしなく続くような地域で、史上最強のモビリティツールとして高い評価を得ている。

トヨタ・ランドクルーザー300のオフロード走行シーン画像はこちら

 ゆえに、近年は国内の車両を盗み、海外に輸出して販売する事件も目立つ。新型も海外での販売目的に購入しようとする輩がいるようで、国内のディーラーには輸出や転売を禁止する誓約書への署名が必要との噂もある。

 ただし、日本で乗るなら、新型をひたすら待つべきだとは決して思わないのも事実だ。

 ボディサイズは先代200系とほとんど同じだし、ホイールベースに至っては3世代前の80系から不変だ。

トヨタ・ランドクルーザー200系のフロントスタイリング画像はこちら

 ラダーフレームにフロントが独立懸架、リヤがリジッドアクスルのサスペンション形式は変わらない。

画像ギャラリー