先進安全装備や新開発ミッションを搭載! スバル・サンバーが大幅改良を実施

noteで書く
先進安全装備や新開発ミッションを搭載! スバル・サンバーが大幅改良を実施

この記事をまとめると

■スバルのサンバーが大幅改良を実施

■安全装備や新開発のミッションが搭載されている

■上級グレードも用意されており、アウトドアなどでも利用しやすくなっている

使い勝手と安全性を高次元で両立した軽バンが登場

 スバルの軽商用車としてお馴染みのサンバーが、姉妹車であるダイハツ・ハイゼットの新型の登場によって大幅改良を実施した。

 新型「サンバーバン」および「サンバートラック」大幅改良モデルは、ステレオカメラを刷新した「スマートアシスト」を全車標準装備。「衝突回避支援ブレーキ機能」と「衝突警報機能」の対応速度向上や、二輪車・自転車・夜間歩行者認識への対応に加え、「車線逸脱抑制制御機能」や「路側逸脱警報機能」、対向車等を認識してハイビームの部分的な遮光を行う「アダプティブドライビングビーム」等を採用したことが大きなトピックとなる。

 また、パワートレインでは、新開発の「FR用CVT」を採用し、燃費性能・静粛性・発進加速性能を向上させたほか、CVTの4WD車には、スイッチ操作で3モードの選択が可能な電子制御式4WDを採用しているのも注目だ。

【関連記事】軽トラ&軽バンの王者がフルモデルチェンジ! ダイハツ・ハイゼット&アトレーが「わくわく」のるつぼだった

スバル・サンバーが大幅改良を実施画像はこちら

 これらの機能や装備は、ダイハツの新型ハイゼット/アトレーで採用された機能となっている。

 なお、新型「サンバーバン」はプラットフォームの一新により、高剛性化と軽量化を実現したほか、荷室上部のボディ形状のスクエア化により、荷室容量を拡大しており、仕事などで使う際には大きなアドバンテージとなること間違いなしだ。

「両側パワースライドドア」や、「スマートアシスト」の専用機能「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」と「レーンキープコントロール」に加え、専用内外装や専用外装色「オフビートカーキ・メタリック」、「レーザーブルークリスタルシャイン」を採用している、上級グレードの「ディアス」も設定されており、キャンプユーザーなどに強い味方となるだろう。

 バンとトラックが用意されており、価格は96万8000円〜188万1000円。仕事で使うユーザーはもちろん、キャンプやアウトドアを楽しむユーザーも視野に入れて頂きたい軽バンとなっている。

画像ギャラリー


新着情報