新型フェアレディZのGTマシンをさりげなく展示! 「限界を楽しめ」と豪語するブリヂストンの豪華な展示【東京オートサロン2022】 (1/2ページ)

新型フェアレディZのGTマシンをさりげなく展示! 「限界を楽しめ」と豪語するブリヂストンの豪華な展示【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

■東京オートサロン2022にブリヂストンが出展

■ポテンザやアレンザなど同社を代表するタイヤが勢揃い

■GTカーの展示や実際にレースで使用したタイヤなど展示内容も充実だ

「ブリヂストン」のブースは目玉だらけ!

 ホール3の奥にブースを構えるのはブリヂストン。2022年東京オートサロンでは「10年後、20年後にも『走るわくわく』を提供し続ける」をテーマに、サーキットそのものに着想したブースの構えは、入る前からアドレナリンを上げてくれる。

【関連記事】伝説の「432R」感のあるカスタム車まで登場! フェアレディZと隠れ家キャラバンの日産ブースは必見【東京オートサロン2022】

BSブース画像はこちら

 しかも電光掲示板を模した、タワー状のひときわ高い造作物に名を連ねるのは、「RE-71RS」「S007A」「RE004」「S001RFT」「RE-11S」「RE-12D」という、ポテンザ・ファミリーの銘柄だ。そう、ブリヂストンはスポーツタイヤのフラッグシップたる「ポテンザ」を、「断トツ商品」と位置づけている。「限界を楽しめ。」のモットーとともに、サーキットで培ってきたノウハウ、ハイパフォーマンス系の市販モデルで純正採用されてきた高い信頼性を、シリーズ全体から感じ取れるのだ。

ポテンザ展示画像はこちら

 ブースの一角にはポテンザRE-71RSを装着したトヨタGR86もあれば、今季のスーパーGTでデビューを待つ日産Z GT500が、ポテンザ・レーシングタイヤを履いてさりげなく置かれていた。スーパーGTのワークスチームがポテンザに寄せる信頼関係がうかがえる。

GT500 フェアレディZ画像はこちら

画像ギャラリー