ネオバ! アドバンスポーツ! 走り派注目の新作タイヤが居並ぶ2022年のヨコハマは熱い【東京オートサロン2022】 (1/2ページ)

ネオバ! アドバンスポーツ! 走り派注目の新作タイヤが居並ぶ2022年のヨコハマは熱い【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

■東京オートサロンのヨコハマゴムブースは新製品が目玉

■ハイパフォーマンスタイヤのネオバはチューンドGR86に装着

■アドバンスポーツとブルーアースRVも展示

1000馬力のマシンに装着されたネオバに覗く自信

 2年ぶりの開催となった東京オートサロンにて、サーキットにルーツを置きつつも、ストリートを意識した趣向を凝らしたのが、ヨコハマゴムのブース。トレッドパターンを来場者にがっちり向けるところが、プロダクトに込められた自信を控えめに主張するかのよう。昨年末に発表されたグローバルフラッグシップを筆頭に、3点ものニュープロダクトを展示する攻めの展示だ。

【関連記事】春に登場予定のストリートスポーツタイヤは必見! サーキットから悪路までTOYO TIRESの攻めた展示が熱い【東京オートサロン2022】

東京オートサロンのヨコハマゴムブース画像はこちら

 ブース入口正面で来場者を迎えるのは、「アドバン ・ネオバAD09」だ。ストリートスポーツタイヤとして最新の品番のこちらは、アドバンシリーズの中でもストリート志向とハイグリップ・モデルの中間という位置づけで、そのトレッドパターンはセンターグルーブが省かれつつショルダーブロックが高剛性化されている。

アドバン ・ネオバAD09の外観画像はこちら

 まさしくネオバAD08Rと、A050などモータースポーツタイヤの中間といえ、グリップと耐摩耗性のバランスを狙った特性は、ドリフト仕様に最適だ。デモカーとして2JZ-GTEをHKSの3.4リッターキットで1000馬力にチューンしたアドバンGR86が展示されており、サイドウォールの赤いカラーリングと白いロゴの映え具合も確認できる。

アドバン ・ネオバAD09が装着されたGR86画像はこちら

画像ギャラリー