いまや世界的にSUVだらけだが……悪路のプロが認めたたった2台の「ホンモノ」とは? (1/2ページ)

いまや世界的にSUVだらけだが……悪路のプロが認めたたった2台の「ホンモノ」とは?

この記事をまとめると

■SUVが人気だがオフロードを本気で走れるヘビーデューティなモデルは少ない

■元四駆系雑誌の編集部員である筆者が考える理想のオフローダー像を紹介

■現在、条件を満たす新車はジープ・ラングラーとスズキ・ジムニー/ジムニーシエラだけ

本当にオフロードを走れるSUVはほとんどない

 相変わらずのSUV人気ではあるが、オフロードをガシガシ走れるヘビーデューティなモデルは数少ない。ではどの車種が本気のオフローダーと呼べるのか。

 僕はこの業界で最初に身を置いたのがSUVやミニバンを扱う雑誌の編集部で、取材で雪道やぬかるみや岩場を何度も走り回ってきた。そんな経験があるので、自分なりに思い描いている理想のオフローダー像というものがある。その内容とは、ボディとは別体のラダーフレームを持つこと、最低地上高が200mm以上あること、トランスミッションに副変速機があること、センターデフを直結にできること、ステアリング形式がボールナット式であること、サスペンションはリジッドアクスルであることなどだ。

【関連記事】なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

スズキ・ジムニーのラダーフレーム画像はこちら

 今新車で買えるSUVの中でこの条件をすべて満たしているのは、スズキ・ジムニー/ジムニーシエラとジープ・ラングラー(現行ラングラーはラック&ピニオン式)しかない。

 多くの人が認めるオフローダーとしては他に、トヨタ・ランドクルーザー/ランドクルーザープラド、レクサスLX、メルセデス・ベンツGクラス、ランドローバー・ディフェンダーなどもある。ただし、これらの車種のステアリングはラックアンドピニオン式で、ランクル・LX、Gクラスは前足が独立懸架だ。ディフェンダーに至ってはモデルチェンジでモノコックボディに4輪独立懸架という成り立ちになった。

オフロードを走るトヨタ・ランドクルーザー画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報