鬼キャン御用達ホイールのその名も「Oni」! レクサス版アルファードのLMにも装着【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

鬼キャン御用達ホイールのその名も「Oni」! レクサス版アルファードのLMにも装着【大阪オートメッセ2022】

この記事をまとめると

■横浜ゴムが「大阪オートメッセ2022」に出展、新作タイヤとホイールを展示

■鬼キャン車で人気の「Oni」シリーズを軽自動車に展開し、N-ONEのデモカーを展示

■20インチの大径な「Oni」シリーズをレクサスLM仕様のアルファードにも装着

鬼キャン車に人気の「Oni」シリーズを軽自動車にも!

 西ゲートから右手にある1号館に入って、右手の奧中央辺りに横浜ゴムのブースがある。

 今回の展示の見どころは、昨年12月より発売された「アドバン レーシング Oni2」。初代OniはS14シルビアや180SXなど鬼キャン車のオーナーが好んで履いたヒットモデルだ。3本スポークが特徴的なデザインだが、アドバンにとってトライアングルデザインの系譜はADVAN A3Aにまで遡る、そんな伝統を新たに解釈した新作といえる。

【関連記事】ネオバ! アドバンスポーツ! 走り派注目の新作タイヤが居並ぶ2022年のヨコハマは熱い【東京オートサロン2022】

アドバン レーシング Oni2のイメージ画像はこちら

 最新世代の3本スポークホイールは、軽でもライトに鬼キャンを楽しめるよう、15インチモデルのリムサイズは5Jでインセット+45をスタンダードに、8Jまで0.5刻み。4穴でPCD100、インセット+45で用意。もちろん4穴のPCD100仕様となる。

 展示ブースでは、まずOni2を装着したデモカー、HKSのチューンによるN-ONEモデューロXの右サイドに注目。ルーフカラーに合わせたキャンディレッドが刺激的だ。

アドバン レーシングOni2を履くホンダN-ONEの右サイド画像はこちら

 逆に左サイドはOni2だがダイヤモンドカラー仕様を装着しており、輝きを放ちつつ抑えめの仕上がりが際立つ。ステップリムをもつ1ピース構造で、ステップリムにも”ADVAN Racing FLOW FORMING JAPAN MADE”のレタリングが施される。装着タイヤはアドバン・ネオバAD08Rだ。この軽用のシリーズには、今月中に14インチモデルも追加される予定だ。

アドバン レーシングOni2を履くホンダN-ONEの左サイド画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報