4シリーズ・グランクーペを電気自動車化! BMW i4をiシリーズのラインアップに追加 (1/2ページ)

4シリーズ・グランクーペを電気自動車化! BMW i4をiシリーズのラインアップに追加

この記事をまとめると

■BMW iシリーズとして電気自動車のi4がラインアップに加わった

■最高出力340馬力のi4 eDrive40とシステム最高出力544馬力のi4 M50を設定

■最新世代の安全機能・運転支援システムを搭載し、価格は750万〜1080万円

4シリーズ・グランクーペをベースにした電気自動車のi4

 BMWがサブブランドとして展開している「iシリーズ」は、「持続可能な次世代モビリティ」として環境配慮型のモデルをラインアップしているのはご存知のとおり。かつては「i3」と「i8」の2モデルがラインアップされていたが、2020年にi8が生産を終了し、その代わりに2021年11月、新たにSUVの「iX」と「iX3」が加わっている。

 そして、2022年、新たにiシリーズのラインアップに加わることになったのが、「i4」だ。

【関連記事】ボンネットは開けられない! ドアノブもない! BMW iXがタダモノEVじゃない6つの理由

BMW iシリーズファミリーの集合画像はこちら

 BMW i4は、スポーティでエレガントなスタイルを持つBMW4シリーズ・グランクーペをベースに、電気自動車に仕立てたプレミアムミドルクラスクーペで、リヤに電気モーターを搭載した後輪駆動のi4 eDrive40と、前後に電気モーターを搭載して運動性能を高めた4輪駆動のi4 M50をラインアップする。

BMW i4 M50のフロントスタイリング画像はこちら

 i4 eDriveは、最高出力340馬力・最大トルク430Nmで、ボディ床下に搭載されるリチウムイオン電池の容量は210.6Ah、総エネルギー量は83.9kWh。一充電での走行可能距離は590kmとなる。

 一方のi4 M50は、最高出力258馬力・最大トルク430Nmの電気モーターを前輪に、そしてリヤには313馬力・365Nmの電気モーターを搭載し、システム最高出力544馬力・最大トルク795Nmを誇るスポーティ志向のモデル。リチウムイオン電池の容量や総エネルギー量はi4 eDrive40と同じだが、一充電での走行可能距離は510kmとなる。

BMW i4 M50のプラットフォーム透視イラスト画像はこちら

 BMW i4には、最新の充電テクノロジーが採用されており、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。

BMW i4 eDrive40の充電イメージ画像はこちら

 普通充電は、6.4kWのBMWウォールボックス(200V/32A)の利用で約15時間で0%の状態から100%まで充電ができる。急速充電(CHAdeMO)は、90kW充電器の利用なら0%から80%まで40分で充電でき、また10分の充電で最大約90km(i4 eDrive)/約75km(i4 M50)の走行可能距離を追加する。さらに、150kWの急速充電器を利用すれば、0%から80%まで30分で充電が完了し、10分の充電でそれぞれ約150km(i4 eDrive)/約75km(i4 M50)の走行可能距離を得られる。

画像ギャラリー


新着情報