もう少し派手にアナウンスしてやってくれ! 2021年「知らないウチに」消滅していた悲しいクルマたち (1/2ページ)

もう少し派手にアナウンスしてやってくれ! 2021年「知らないウチに」消滅していた悲しいクルマたち

この記事をまとめると

■2021年で生産を終えたクルマを紹介

■ホンダ車の生産終了が目立った年だった

■後継車種がないモデルが多いので、今後出てくることに期待したい

2021年に生産が終わった名車をプレイバック

 2021年度が間もなく終わる。ということで、本年度に生産終了した国産車を時系列で振り返ってみよう。

 2021年3月にホンダがS660を2021年度中で生産終了すると発表したことが話題となったが、じつは同じホンダオートボディー(三重県)で生産されていた軽トラック「アクティ」が先んじて4月の段階で生産終了となっていた。

【関連記事】新車時に注目しなくてゴメン! 今噛み締めるとよさが伝わるスルメのような絶版国産車5選

アクティ走り画像はこちら

 ミッドシップにE07型エンジンを搭載するアクティは、農道のNSXと呼ばれることもあった名車。ホンダ四輪事業のルーツが軽トラックの「T360」であることを思うと、後継モデルを用意しないままの生産終了は、ホンダファンからすると衝撃的だったともいえる。

 そんなアクティには結果的に最後を記念するバージョンとなった特別仕様車「スピリットカラースタイル」というモデルがあった。前述したT360を想起させるブルー×ホワイトと、発電機などのカラーに似たレッド×ブラックの2色が設定され、中古車市場で探すと、かなり高値で取引されている。それだけアクティを惜しむユーザーは多いという証だ。

アクティ最終モデル画像はこちら

 その後、さまざまなクルマがディスコン(生産終了)になるという噂が出まわる中、10月に生産終了となったのが日産の小型セダン「シルフィ」である。かつての主力モデル「ブルーバード」の系譜となるシルフィのディスコンには、熱心な日産ファンから否定的な声もあった。

シルフィ全体画像はこちら

 とはいえ、いまの日本でこのカテゴリーが成立するだけの市場がないのは、2020年7月にホンダ・グレイスが生産終了となっていることからも明らか。もはや5ナンバーサイズの4ドアセダンは、トヨタが旧型を継続生産している「カローラアクシオ」が一手に引き受けるという状況になっている。

カローラアクシオ全体画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報