純スポーツカーメーカーが初めて手掛けるSUVが凄すぎる! ロータスがハイパーSUV「エレトレ」を発表 (1/2ページ)

noteで書く
純スポーツカーメーカーが初めて手掛けるSUVが凄すぎる! ロータスがハイパーSUV「エレトレ」を発表

この記事をまとめると

■ロータスがブランド初となるハイパーSUVを発表

■600馬力のパワーを誇るほか、0-100km/hは3秒以下だという

■ロータスとして初の機能なども多く盛り込まれている注目のBEVだ

ロータスがなんとハイパーSUVを発表!

 ロータスと言えば、スーパー7やヨーロッパ、エリーゼやエキシージなどなど、走りに特化している魅力的でスパルタンなスポーツカーばかりを手掛ける名門自動車メーカー。日本でもその人気は高く、エリーゼやエキシージなどはよく街中で見かけるモデルだ。

 そんなロータスが、なんと「ハイパーSUV」を販売するという。そもそもSUV自体がロータスでは初となる。その、注目モデルが「ロータス エレトレ」だ。同社初となる5ドアということも大きなトピックである。

【関連記事】単なるスポーツカーとは違う! 簡素ならいいワケじゃない! 「ピュアスポーツカー」って何?

エレトレサイドビュー画像はこちら

 ロータス・エレトレは、ハイパーSUVということもあり、しかもBEVでリリースされることとなっており、今年の東京オートサロンで日本初公開された「エミーラ」のDNAを受け継ぐモデルとなっている。このことから、スポーツカーとして必要な要素もしっかりと与えられていことが容易に想像できるだろう。主に受け継いでいるのは空力面となっており、パフォーマンスのみならず、航続距離にもプラスに働くよう緻密に設計されているとのこと。

エレトレ俯瞰画像はこちら

 駆動方式は4WDで、100kWhを超えるバッテリー容量と600馬力のパワーを備えている。350kWの充電器を使えば、400kmの航続距離をわずか20分で達成できるという。WLTPで目標とする最大航続距離は約600kmだ。また、22kWのAC充電も標準装備。利用可能な場合は、充電時間を短縮することもできるとのこと。

エレトレ給電口画像はこちら

 最新の先進デバイス各種ももちろん搭載されており、ドライバーに快適な運転環境を提供する体制も整っているほか、コネクティングシステムなどを通して常に最新のソフトウェアにアップデートするようなシステムも検討中だという。なので、買った後でもクルマを買い替える必要がなく、常に最新のシステムを体験できる。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報