ノアヴォク・ステップワゴン・セレナは全部2022年! 「ライバル車」の新型車投入が「同タイミング」になるワケ (1/2ページ)

noteで書く
ノアヴォク・ステップワゴン・セレナは全部2022年! 「ライバル車」の新型車投入が「同タイミング」になるワケ

この記事をまとめると

■新型車が似たような時期に新型を発表する謎を解説

■人気カテゴリーのクルマは、新車を望むタイミングが被りやすい傾向にある

■ライバル車が同じタイミングに出てくる現象は50年以上前からあった

人気カテゴリーがみんな同じようなタイミングで新車を出す理由

 2022年は「ミニバンの年」になる。まず1月13日には、ノア&ヴォクシーがフルモデルチェンジを行って新型が登場した。ノア&ヴォクシーは人気車だから、ステップワゴンも手を打たないわけにはいかない。そこでステップワゴンは、2021年12月10日にホンダのホームページでティザーキャンペーンを開始して、2022年1月7日には、もう少し詳しいデザインや機能について明らかにした。2月5日になると販売店では価格を明らかにして、2月中旬からは予約受注も開始した。

【関連記事】「なんで2年も遅れる?」ファンは涙! 日本メーカーの新型車が海外発売に遅れて日本に導入する理由

新型ステップワゴン全体画像はこちら

 この後もステップワゴンは受注を続け、5月26日に正式な発表を行う。翌日の27日には、納車を伴う発売となる。ティザーキャンペーンの開始が前述の2021年12月10日だから、ユーザーは約半年も待たされることになった。

ステップワゴンティザー画像はこちら

 この背景には、ノア&ヴォクシーのフルモデルチェンジに加えて、ステップワゴンが生産工場を移転する事情もある。従来は狭山工場で製造していたが、閉鎖になるから埼玉製作所に移す。この作業のために、生産の立ち上がりに時間を要した。

ホンダ寄居工場画像はこちら

 ちなみに販売店によると「ステップワゴンの予約受注を2022年3月中旬に行った場合、納期は9月頃になる」という。発売が5月27日だから、納車がそれ以降になるのは当然で、そこを踏まえると9月であればさほど遅延していない。納期は6カ月弱で、予約受注の急増はないのだろう。

名前:
渡辺陽一郎
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式)
趣味:
13歳まで住んでいた関内駅近くの4階建てアパートでロケが行われた映画を集めること(夜霧よ今夜も有難う、霧笛が俺を呼んでいるなど)
好きな有名人:
-
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報