安いのは嬉しいけど「エアコンなし」「シートも外しちゃえ」「安全装備レス」って……やりすぎ! 超質素グレードをもつクルマ3選 (1/2ページ)

noteで書く
安いのは嬉しいけど「エアコンなし」「シートも外しちゃえ」「安全装備レス」って……やりすぎ! 超質素グレードをもつクルマ3選

この記事をまとめると

■低価格を極めたグレードを紹介

■エアコンレスでオプション設定ができないモデルもあった

■価格も突き詰めているため、クルマ好きからは地雷グレードという扱いを受けている

燃費を追求しすぎたために快適装備が一切ないモデルが爆誕!

 どんな車種でももっとも価格の安い、いわゆる「廉価グレード」というものが用意されている(モノグレードの車種は除く)。これは広告で「○○円~」と最低価格を記載することで安いイメージを与えることができたり、装備を省いて低燃費とすることで、「○○km/Lの低燃費を実現!」とアピールできたりと、大人の事情で用意されていることも少なくない。

 そこで今回は、いくら安くてもオススメできない廉価グレードを持つ車種をピックアップしてご紹介しよう。

日産 ノート e-POWER S(先代)

 エンジンで発電し、モーターで駆動するという充電の煩わしさを排除しながらもEVライクな走り味を実現したことで大ヒット車種となったノートe-POWER。

【関連記事】究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

先代ノート画像はこちら

 そんなノートe-POWERが初登場したとき、もっとも安価なグレードとして用意されていた「e-POWER S」グレードでは、37.2km/Lという当時の同クラス最高燃費を達成するために、燃料タンクを41リットルから35リットルへ小型化し、なんとエアコンを非装着(オプション設定もなし)にするという禁断の軽量化を実施していたのだ。

ノートe-POWER S画像はこちら

 さすがにいくらエコでもエアコンレスはやり過ぎと気づいたのか、途中でe-POWER Sグレードでもエアコンは標準装備となったが、エアコンレスモデルは果たして何台売れたのか気になるところだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報