マツダ初のPHEVを含めた4つのパワートレインを用意してついに日本仕様が発表! マツダの命運を握るCX-60は今秋発売予定 (1/2ページ)

noteで書く
マツダ初のPHEVを含めた4つのパワートレインを用意してついに日本仕様が発表! マツダの命運を握るCX-60は今秋発売予定

この記事をまとめると

■新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-60』の日本仕様が公開

■パワートレインはマツダ初のPHEVを含めた4種類を設定

■日本での発売は今年初秋を予定

ついにマツダにもPHEVが用意される

マツダは、2030年までに生産する全てのクルマを電動化する目標を掲げ、「サスティナブル “Zoom-Zoom” 宣言 2030」の実現に向けた新たな一歩を踏み出した。

そして今回公開したのが、新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-60』の日本仕様。自社初となる「PHEV」に加え、「M HYBRID BOOST(48V マイルドハイブリッド)」をラインナップに設定した。新世代ラージ商品群の第一弾となるCX-60は、「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとしており、2列シートミッドサイズSUVとなっている。

【関連記事】【試乗】CX-5を買ったばかりのレーシングドライバーがショック! 改良された2020年モデルの走りがスゴかった

新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-60』は今年初秋に発売予定画像はこちら

パワートレインは、2.5リッターガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせた、マツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」に加え、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」、直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術「M HYBRID BOOST」(48V マイルドハイブリッド)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」、3.3リットル直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」の計4種類を設定。

また、新開発のトルコンレス8速ATを組み合わせている。

人馬一体につながる走りのダイレクト感とリズム感高い伝達効率を追求したトルコンレス8速AT画像はこちら

ドライブモードは、「ノーマル」「スポーツ」「オフロード」「TOWING(牽引)」「EV」の5つを搭載。サイズは、全長4740×全幅1890×全高1685mm、ホイールベース2870mmと、Dセグメント級のボディサイズとなっている。

新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-60』は今年初秋に発売予定画像はこちら

現行車を例にすると、「CX-5」が全長4575mm×全幅1845mm×全高1690mm、ホイールベース2700mm、「CX-8」が、全長4900×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベース2930mmなので、新型CX-60はちょうど中間のサイズだ。他メーカーだとトヨタ「ハリアー」が、全長4740×全幅1855×全高1660mm、ホイールベース2690mmとほぼ変わらない。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報