レースの久保凛太郎が3年ぶりにラリー復帰! 初戦で早くも「ムラっ気」全開の“久保劇場”が炸裂 (1/2ページ)

レースの久保凛太郎が3年ぶりにラリー復帰! 初戦で早くも「ムラっ気」全開の“久保劇場”が炸裂

この記事をまとめると

■全日本ラリー選手権第2戦「ツール・ド・九州」のJN3クラスにに久保凛太郎選手が参戦

■復帰1戦目にして素晴らしい走り、“久保劇場”を披露した

■3年の歳月を経て全日本ラリー選手権へ復帰した理由とは?

3年の歳月を経て久保選手が全日本ラリー選手権へ復帰!

 全日本ラリー選手権第2戦「ツール・ド・九州」が4月1日〜3日、佐賀県唐津市で開催。最高峰のJN1クラスではシュコダ・ファビアR5を駆るヘイッキ・コバライネンが全SS制覇で2連勝を果たすなど、圧倒的なパフォーマンスを見せつけていたが、下部クラスでは激しいタイム争いが展開されていた。

 なかでも注目を集めていたドライバーが、スバルBRZを武器にJN3クラスに参戦した久保凛太郎にほかならない。ご存じのとおり、久保はスーパーGTやスーパー耐久、86/BRZレースで活躍してきたレーシングドライバーだが、初参戦の九州ラウンドで好タイムを連発。しかも、装着タイヤは唯一のブリヂストンで、FRマシンのスペシャリストを相手に激しいバトルを繰り広げていた。

【関連記事】ラリーで必ず乗る「助手席の人」! 「コドラ」って何をしているのか?

スバルBRZを武器にJN3クラスに参戦した久保凛太郎画像はこちら

 久保は前述のとおり、サーキットを舞台にしたレース競技で活躍する一方で、2015年にはTRDラリーチャレンジの1戦、新城ラリーでラリー競技にデビュー。織戸学をサポートするK-ONEレーシングのトヨタ86を武器にE2クラスで3位に入賞していた。

 このラリー経験が久保にとって大きな刺激となっていたのだろう。「以前からラリー競技に対する興味はありました。TRDラリーチャレンジは“どこか参加型なんだ!”と思うぐらいレベルが高いラリーでしたが、セカンドベストを2回ぐらいとったし、新城のステージは楽しかったので、また出たいなと思っていた」と久保は語る。

インタビューに快く応じる久保凛太郎選手画像はこちら

 さらに「それからしばらくして新井敏弘さんに“お前もラリーやれよ!”と誘われたこともあって、気がついたらラリー車両を製作していました。それで全日本ラリーのハイランドマスターズに参戦しました」と語るように、久保は2019年のラリーハイランドマスターズで全日本ラリー選手権へのデビューを果たし、スバルBRZを武器にJN3クラスで4位に入賞。「十数年ぶりにブリヂストン装着車両が出たということで注目してもらうなか、最終SSでベストタイムをマークしてサミー賞を貰えたので良かった」と語るように久保は国内最高峰シリーズでも持ち前のスピードを披露していたのである。

 それから3年の歳月を経て、久保が全日本ラリー選手権へ復帰した。その理由について久保は「これまでスーパー耐久や86/BRZレースを中心に参戦していましたが、スーパー耐久のレギュラーシートがなくなって、今のところ、決まっているのは富士24時間レースのみ。86/BRZレースもマシンが新型モデルになって開幕は7月からなのでかなり暇になりました。それにスバルBRZのラリー車両をせっかく作ったのに1回しか出てないのはもったいないので、もう一回出ることにしました」と語る。その言葉どおり、久保はしばらく全日本ラリー選手権への参戦を継続するようで、第3戦の久万高原ラリー、第4戦のラリー丹後、第5戦のモントレーとターマックを中心に参戦するようだ。

画像ギャラリー


新着情報