タイのSUV戦争はトヨタ vs ホンダになんと「MG」が割って入る衝撃の三つ巴だった (1/2ページ)

noteで書く
タイのSUV戦争はトヨタ vs ホンダになんと「MG」が割って入る衝撃の三つ巴だった

この記事をまとめると

■タイでトヨタ・カローラ クロスが売れている

■このヒットを後発のホンダHR-Vが猛追

■日系以外のライバル車はMG ZS

いまタイではホンダHR-Vに勢いがある

 日本で2021年9月の正式発売以来大ヒットとなっているのが、トヨタ・カローラ クロス。世界的なサプライチェーンの混乱による生産遅延も手伝い、長期の納車待ちが一部の車種で続いている。しかし、タイではそれに輪をかける勢いでカローラ クロスが大ヒットしているのである。まさに「石を投げれば……」状態で街なかではカローラ クロスが走っており、いまも売れ続けている。現地在住の事情通は「発売した時には『間違いなくヒットする』と思いました。こちらでの手ごろなサイズで、広いラゲッジルーム、腰高により雨季などの道路冠水も気にしなくて済みます。こちらでヒットしないわけがないと思いました」と語る。

 ところが、このカローラ クロスの大ヒットを猛追するモデルが出てきた。それがホンダHR-Vである。HR-Vは日本でいうところのヴェゼルとなる。日本では2021年4月に正式発売となり、カローラ クロスより先行して発売されているが、タイではカローラ クロスが2020年9月の発売に対し、新型HR-Vの発売は2021年11月となっている。いわば発売となって日が浅いのだが、バンコクの街角で定点観測するとかなりの比率で見かけることができた。つまり“勢い”があるのだ。

【関連記事】目標を下まわるまさかの「販売不振」にあえぐ現行国産SUV3台と「売れない」理由

ホンダHR-V画像はこちら

 タイでも今後はHR-Vとカローラ クロスの販売バトルが展開されそうだ。しかし、このクラスは販売激戦クラスで日系以外でも多くのライバル車が存在する。そのなかで思わぬ伏兵とされているのが、MG ZSである。MGはクルマ好きならば英国の名門ブランドとの認識があるだろうが、いまは中国上海汽車のブランドのひとつとなっている。そして中国メーカーとしていち早くタイでの現地生産を始めている。そして、このZSもHR-Vばりに“勢い”があるのだ。

「このクラスのモデルは一定期間までは同じように値落ちしていきます。しかしZSはカローラ クロスやHR-Vより新車価格が安いので、同じ割合で値落ちすると中古車価格は他の2台より安くなるため、中古車としての人気も高いんです」(事情通)。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報