タイのSUV戦争はトヨタ vs ホンダになんと「MG」が割って入る衝撃の三つ巴だった (2/2ページ)

MG ZSはBEVもラインアップ

 話を聞くと、所得に余裕のある人の間では、維持費も日本より断然かからないこともあり、“ちょっと気になる”くらいの感覚で新車を購入して複数保有するケースが珍しくなく、また1~2年という短期間で手放すことも珍しくないとのことである。「それじゃ、単に安かろう悪かろうでZSがよく売れているんでしょ」と思うのは日本人のまさに“錯覚”となっているようだ。

 日本国内では中国メーカーの乗用車のステアリングを握る機会はまずない。しかし、すでにMGのほか、GWM(長城汽車)まで進出しているタイでは、居住する日本人も多いので実際にMGのステアリングを握ったことがある日本人が多い。複数のZSを運転した経験のある日本人に聞くと、長期間使った経験がある人は「故障などはまずなく、よくできている」とし、別の人も、「日本車より最新トレンドもスピーディに採り入れているし、よくできている」と、その評価は上々である。

【関連記事】目標を下まわるまさかの「販売不振」にあえぐ現行国産SUV3台と「売れない」理由

MG ZS画像はこちら

 しかも、カローラ クロスやHR-VにはないBEV(バッテリー電気自動車)仕様がラインアップされているのである。価格は廉価仕様で94万9000バーツ(約358万7220円)。ちなみに、カローラクロスのHEV(ハイブリッド車)の廉価版は101万9000バーツ(約385万1820円)となっている。街なかでも、内燃機関仕様のZSに交じりBEV仕様のZS EVも多数見かけることができた。複数保有するならば、「BEVにも乗っておくか」と、ZS EVが選ばれることも多いのかもしれない。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報