ジムニーの特殊性はこんなところにも! 他の本格クロカンがやめた「ボール・ナット式」ステアリング操舵方式とは? (1/2ページ)

ジムニーの特殊性はこんなところにも! 他の本格クロカンがやめた「ボール・ナット式」ステアリング操舵方式とは?

この記事をまとめると

■ボール・ナット式ステアリング操舵方式はキックバックが少ない

■かつては多くの本格派クロカンモデルに採用されていた

■いまではジムニー以外のほとんどのクロカンモデルがラック&ピニオン式を採用する

クロカンモデルの定番もいまや絶滅寸前

 自動車のメカニズムは、まさに日進月歩のペースで発展を遂げているが、ふと見渡すと、かつては中心的存在だったメカニズムが現在ではごく少数派、かろうじて生きながらえている例を目にすることがある。

 ステアリング・ギヤボックスのリサーキュレーティング・ボール形式(ボール・ナット)などもそのひとつだ。ステアリング機構そのものは、ステアリングホイールをまわす円運動をステアリング・ギヤボックスを介して左右方向の動きに変換。その動きをタイロッドを介してステアリング・ナックルアームに伝え、前輪に左右方向の舵角を与えるシステムであることはよく知られるとおりだ。

【関連記事】なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

スズキ・ジムニーのボール・ナット方式のステアリング機構のイメージイラスト画像はこちら

 このステアリング機構を構成するパーツのなかで、時代の変化を反映してるものがギヤボックスの形式である。現在の主流はラック&ピニオン方式で、ステアリングシャフトの先端にピニオンギアを設け、歯切りした平板(ラック)と噛み合わせ、ステアリングの円運動を平板の左右運動に変え、その動きをタイロッドを介してステアリング・ナックルアームに伝えることで、前輪に舵角を与えるギアボックスだ。

 長所は、力の変換方式から生じるステアリングのダイレクト感、バックラッシュが少ないことも操作感の向上につながり、構造がシンプルであること、コストを抑えることができること、などが挙げられる。一方、短所としては、操舵力が重くなりがちなこと、前輪からの衝撃を直接ステアリングホイールまでフィードバックしてしまうこと(キックバック)などが挙げられる。

画像ギャラリー


新着情報