カローラ・クロスが爆増! シティハッチバックも人気! タイのバンコクを走るクルマが数年で激変していた (1/2ページ)

noteで書く
カローラ・クロスが爆増! シティハッチバックも人気! タイのバンコクを走るクルマが数年で激変していた

この記事をまとめると

■筆者は約2年ぶりにバンコクを訪れた

■トヨタ・カローラクロスの人気ぶりに驚かされた

■その他どんなクルマが多く走っていたのかについて解説する

カローラクロスが爆増!

 コロナ禍前に最後にタイの首都バンコクを訪れたのは2019年末、それから2年強ぶりに再びバンコクの地に足を踏み入れることができた。ちょうど訪れるタイミングに合わせてタイ国内の新型コロナウイルス感染が再拡大傾向にあるとのことなので、バンコク市内中心部に日曜午後に出かけても、コロナ禍前の賑やかな雰囲気はなく、いつ乗っても混みあっていた高架鉄道のBTSも席に座ることができる乗車状況に少々寂しい思いがした。ただ、現地の日本人に聞くと、賑わいはだいぶ戻ってきているとのことであった。

 そのなか、いつもの定点ポイントと新たな定点ポイントにおいて通りを走るクルマを見ていて、あくまでも筆者の私見ながら「バンコクで人気の高いモデルはこのあたりだね」というのがわかったので報告しよう。

【関連記事】外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

レクサスLM画像はこちら

 まずはトヨタ・カローラクロス。カローラクロスのワールドプレミアがタイであったことが影響しているかは定かではないが、とにかく“石を投げれば……”ではないが、いくつかの大通りを定点観測していると、とにかくカローラクロスが多く通り抜けていく。トヨタタイランドのウエブサイトを見ると、プロダクトのカテゴリーにSUVというものはなく、カローラクロスはカローラ アルティス(カローラセダン)やGRスープラと同じ、パッセンジャービークルにカテゴライズされている。

カローラクロスのフロントスタイリング画像はこちら

 そしてタイをはじめ、東南アジアでは人気の高いフォーチュナーというモデルは、てっきりSUVかと思っていたのだが、こちらはマルチパーパスビークル(MPV)として、アルファードやシエンタと同じカテゴリーとなっている。

トヨタ・フォーチュナーのフロントスタイリング画像はこちら

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報