デビューから3年でついにMTを追加! トヨタ・スープラが一部改良実施で走りにさらに磨きがかかった (1/2ページ)

noteで書く
デビューから3年でついにMTを追加! トヨタ・スープラが一部改良実施で走りにさらに磨きがかかった

この記事をまとめると

■トヨタ・スープラに一部改良を実施、RZに6MTが追加された

■新開発の6MTはクラッチ、シフト操作にあわせて最適なエンジン回転数に制御するiMT

■そのほか、新意匠の19インチ鍛造ホイールや新ボディカラーも採用された

ハイパワーエンジンを操る楽しさを追求した新開発6MT

 2019年に、じつに17年ぶりの復活を遂げたことが話題となったトヨタ・スープラ。直6エンジンを搭載するFR車というアイデンティティを受け継いだスープラは、スポーツカーファンのみならず、多くの人たちに歓迎された。

 衝撃の復活から3年、スープラに一部改良が実施され、シャシー性能をさらに熟成させて運動性能に磨きをかけるとともに、RZグレードにマニュアルトランスミッション(MT)が追加されることになった。

【関連記事】「鼻が長くて前が見えない!」「エンジンが吹けない!」それでもラリーデビューで2位って「スープラ」の速さがヤバイ!

トヨタ・スープラのMTシフトノブ画像はこちら

 スープラRZに追加された6速MTは、ハイパワーエンジンを操る楽しさを追求して新たに開発されたもので、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて最適なエンジン回転数になるように制御するiMTとなっている。シフト操作時には自動でブリッピングしてドライバーの意を汲んだスムーズな変速を実現し、スープラに気持ちのいい走行感覚をもたらしてくれる。

 また、シフトノブは、どの方向からも握りやすく操作しやすい球体形状となっており、そのトップに配されたGRロゴがスポーティなイメージを演出する。加速時に車内にこだまするエンジンサウンドは、マニュアルトランスミッション専用の室内サウンドチューニングが施されたものとなり、ドライバーの気分を盛り上げてくれることだろう。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報