「世界でもっとも美しいクルマ」が日本上陸! クーペSUVっぽく生まれ変わった新型「DS 4」は398万円から (1/2ページ)

noteで書く
「世界でもっとも美しいクルマ」が日本上陸! クーペSUVっぽく生まれ変わった新型「DS 4」は398万円から

この記事をまとめると

■DSオートモビルから新型Cセグメントハッチバックモデル「DS 4」が発売された

■「DS 4」国内導入を記念して特別仕様車「DS 4 ラ プルミエール」も登場

■価格は398万円から、特別仕様車は514万円から

クーペSUV風のDS 4は「世界でもっとも美しいクルマ」

 DSオートモビルは、Cセグメントハッチバックモデルとなる「DS 4」を発売した。また、DS 4の国内導入を記念して、50台の限定発売となる特別仕様車「DS 4 ラ プルミエール」を販売することも発表された。

 DS 4は、「DS 7 クロスバック」「DS 3 クロスバック」「DS 9」に続く、DSオートモビル4番目のモデルとなる。全長を4415mmと多くの競合車種よりも長くしたことで広い車内空間を実現し、新たに採用した先進のテクノロジーにより、DSならではのフレンチラグジュアリーを体現しているクルマとなっている。

 このDS 4は、フランス・パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル2022」において、「Most Beautiful Car of the Year」を受賞しており、2022年の「世界でもっとも美しいクルマ」に選出されている。

【関連記事】座席の間に800馬力のF1エンジンを積んだ衝撃作! 間違いなく史上最強の「怪物ミニバン」のエスパスF1って何もの?

DS 4の俯瞰フロントスタイリング画像はこちら

 そのエクステリアは、フロントからリヤへ流れる流麗なシルエット、力強さを垣間見せる彫刻的なフォルムが特徴で、大径ホイールやシャープなラインが、DS 4のダイナミズムを印象づける。サイドビューは低く傾斜するルーフラインによって、流麗さとシャープなラインを両立。リヤコンビネーションライトは、レーザーエンボス加工されたダイヤモンドデザインで、片側で合計80個のLEDライトを使用して美しくエレガントな発光を実現した。プロジェクターヘッドランプには、「DS マトリクスLEDビジョン」が採用されており、シャイニーブラックのフロントグリルには、ダイヤモンドをモチーフとした大小ふたつのパーツによって構成されている。

 サイズは、全⻑4415×全幅1830×全高1495mmで、ホイールベースは2680mm。ボディカラーは全6色あり、特別仕様車には「グリラケ」「クリスタルパール」のメタリック2色を設定している。

 インテリアは、継ぎ目のないシームレスな造形のダッシュボードに、中央の大きなエアコン吹き出し口を廃し、新たなベンチレーションシステム「DS エア」を採用。他にも、ボイスコントロール機能を搭載した10インチタッチスクリーン、ナビゲーションの「DS IRIS SYSTEM」、ヘッドアップディスプレイなど、DS初となる新たな先進装備を数多く搭載している。

DS4のインテリア画像はこちら

 トランク容量は430リットル(ガソリン/ディーゼル)、390リットル(PHEV)と、クラストップの積載量を誇っている。

 特別仕様車には、DSウイング、サイドウインドウモール、リヤガーニッシュにシャイニーブラック加飾が施されており、内装にはクリオロブラウン・ナッパレザーシートがあしらわれている。また、ボンネットにはラ プルミエール専用バッジを採用。「E-TENSE」のみ20インチタイヤ&ホイールを装着している。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報