クルマは完全に「足&道具」な人でも覚えておくべき! 新車購入時に無駄な出費を防ぐための「最低限の知識」6つ (1/2ページ)

クルマは完全に「足&道具」な人でも覚えておくべき! 新車購入時に無駄な出費を防ぐための「最低限の知識」6つ

この記事をまとめると

■クルマを買う前に知っておきたいことを紹介

■グレードによって選べるものや選べないものがあるので事前に把握しておきたい

■ボディカラーやシート表皮次第では追加料金を取られるので注意したい

痛い目を見る前に押さえておきたいクルマのチェックポイント

 何事にもツウなやり取りというのがあって、詳しい人ならなんなくこなせて、尊敬すらされることがあったりする。その逆もあって、初心者はわからないことだらけ。会話すら成り立たないなんてこともある。実際は、相手は優しく接しようとしてくれているのに、恐縮至極で「ナメられているんじゃ……」と思い込んだりする。

【関連記事】カタログじゃ絶対わからない! クルマの購入前に確認しないと後悔する8つの盲点とは

オフ会風景画像はこちら

 被害妄想と言うのは簡単だが、本人にとってはそんな余裕もないというのが実際だ。また、クルマの場合、実際にナメられて新車購入時にいらないオプションを付けられることもあるので、最低限のポイントだけでも知っておくといいだろう。今回は「これだけは」というものを紹介しよう。

ホイール

 車輪、つまりホイールにはふたつの素材があって、鉄製+樹脂のキャップとアルミホイール。最近では中間グレードでもアルミ製が標準だったりするが、オプションもまだ多い。

ホイール画像はこちら

 実用上はほとんど差がないだけに、あとはデザインなどで、こだわるかどうか明確にしておいたほうがいいだろう。

シートの生地

 ファブリック、つまり布とレザーがまずは基本。もちろんレザーのほうが高いので予算に余裕があったり、高級車であればレザーを選べばいいだろう。また、レザーもオプションで選べるのも押さえておきたいポイントだ。最近増えているのは合皮や合皮とファブリックの組み合わせ。

シート画像はこちら

 こちらは中間的な存在&価格となる。これらの素材の差は車両価格にリンクしていて、購入予算にも関わってくるところなので、闇雲にレザーを選んでおけばいいということにはならない。

駆動方式

 実用的な車種の場合、FF、つまり前の2輪で駆動するクルマが現在は大半。それに対して、後輪も駆動する4WDもある。4WDを選んでおけば間違いないと思うかもしれないが、当然高いし、燃費も悪くなる。

四駆テスト画像はこちら

 降雪地帯でなければFFモデルでOK。非降雪地帯でウインタースポーツに足繁く通うという人でも、基本はFFで問題なしだ。

画像ギャラリー


新着情報