爆発的人気のランクル300がなんとアメリカでは販売されず! デカイSUVの本場で売らない理由とは? (1/2ページ)

noteで書く
爆発的人気のランクル300がなんとアメリカでは販売されず! デカイSUVの本場で売らない理由とは?

この記事をまとめると

■いまトヨタ・ランドクルーザーの人気ぶりが話題となっている

■しかしアメリカでは先代をもって販売を終了

■その理由にユーザー特性の違いなどが挙げられる

輸出の終了は”致し方ないこと”と捉えられた

 納車まで、なんと(少なくとも)4年待ち。トヨタの公式ホームページで、そんな超長の納期が示されているほど、大人気のランドクルーザー最新版(通称ランクル300)。

 ところが、海を渡ってアメリカに目を向けると、トヨタの公式ホームページにランクル300の姿はない。先代モデルのランクル200をもって、日本から北米への輸出は終了し、北米での販売も終わったのだ。

 このニュースが2021年に流れた時、アメリカの一部自動車メディアが「とても残念なこと」と報じたが、アメリカのユーザーやディーラーから「なんとしてもランクル300がアメリカでも欲しい」というメッセージは少なかった印象がある。

【関連記事】ランクル300は異例ずくめ! 超長期納車待ちに「厳しい購入審査」が存在した

トヨタ・ランドクルーザーのフロント&リヤ画像はこちら

 つまり、アメリカ人の多くがアメリカでランクルの新車販売がなくなることを、”致し方ないこと”として理解を示したといえるだろう。

 改めて、アメリカでのトヨタSUVおよびクロスオーバーのラインアップを見てみる。現行(2022年モデル)では、ボディサイズや価格順で、下からカローラクロス、C-HR、ヴェンザ、RAV4、ハイランダー、4ランナー、そしてセコイヤと続き、ランクル300は含まれていない。

 ランクル300以外にも、ライズ、ヤリスクロス、ハリアー、ランドクルーザープラドがアメリカでは販売されていないことがわかる。

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報