180度の方向転換は「ロータスらしさゼロ」! それでもEVへ満振りの新たなクルマたちが気になって仕方ない (1/2ページ)

180度の方向転換は「ロータスらしさゼロ」! それでもEVへ満振りの新たなクルマたちが気になって仕方ない

この記事をまとめると

■ロータスが最後の内燃機関モデルとなるエミーラを発表した

■すでにBEVとしてハイパーカーのエヴァイアとSUVのエレトレも発表されている

■すでに企画されているであろうBEVスポーツカーにも期待したい

最後の内燃機関車のエミーラ登場で大きく変革するロータス

 イギリスのロータスは、昨2021年夏に新型のミッドシップスポーツである「エミーラ」を発表した。これまでのロータス車のテイストを残しながら、左右のドアは大型化され、アルミニウム製の押し出し材を使用した軽量な「スポーツカーアーキテクチャー」のサイドシルも低くなったため、キャビンへの乗降性もさらに高められるなど、走りに直接関連する部分以外にも新型車としての魅力を高めたエミーラ。だがこのエミーラは、ロータスにとってはもうひとつ重要な役割を持つモデルだった。

【関連記事】「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」がもう買えない! ロータスの生まれ変わりで「消える」3台の名車とは

ロータス・エミーラのフロントスタイリング画像はこちら

 ロータスの始まりは1930年代。当時のオースティン・セブンを独自に改良したマークIに始まるが、それから現在に至るまで欠かすことのできなかったものといえば、それはもちろん内燃式のパワーユニット。彼らはその歴史の中でさまざまな技術革新で見る者の目を驚かせてきた。たとえば1968年のインディアナポリス500マイル・レースを目的に製作されたロータス56も、ガスタービンエンジンを搭載してはいたものの、これも内燃機関の一種だ。

ロータス56のフロントスタイリング画像はこちら

 エミーラは、この内燃機関を採用した最後のモデルとなるとロータスはすでに宣言している。ミッドに搭載されるエンジンは、ファーストエディションでは405馬力の最高出力を発揮する3.5リッターのV型6気筒スーパーチャージャーと、メルセデスAMG製の2リッター直列4気筒をベースに、ロータスが独自のチューニングを施した365馬力相当の2タイプ。ミッションはいずれも8速DCTで後輪を駆動する。

ロータス・エミーラのインテリア画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報