女性レーシングドライバーも驚いた! グッドイヤー「ウルトラ・ウルトラハイパフォーマンスタイヤ」のマルチ性能っぷりがスゴイ (1/2ページ)

女性レーシングドライバーも驚いた! グッドイヤー「ウルトラ・ウルトラハイパフォーマンスタイヤ」のマルチ性能っぷりがスゴイ

この記事をまとめると

■グッドイヤーのフラッグシップモデル「EAGLE F1 SUPERSPORT」に猪爪杏奈が試乗

■しっかり作られた内部構造のおかげでタイヤ接地面の変形が抑制され高い直進安定性を披露

■高いポテンシャルが余裕ある走りを実現して疲労感を軽減してくれる

グッドイヤーの最新フラッグシップを女性レーサーが試す

 ル・マン24時間レースを筆頭に、数多くのFIA公認世界選手権での活躍と発展を続けるグッドイヤーから、レース用タイヤの技術を応用し開発されたフラッグシップモデル「EAGLE F1 SUPERSPORT」が、今年3月に発売されました。一般道からワインディングロード、サーキット走行までも、これ1本でカバーする高いグリップ性能とハンドリング性能を追求したハイパフォーマンスカー向けの「ウルトラ・ウルトラハイパフォーマンスタイヤ」(ウルトラハイパフォーマンスタイヤを超える性能のタイヤ)であると聞いて、レーシングドライバーとして試乗前からワクワクが止まりません!

【関連記事】【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

グッドイヤー「EAGLE F1 SUPERSPORT」のタイヤ全景画像はこちら

 今回の試乗車トヨタGRヤリスで箱根ターンパイクをドライブします。じつは今年、私が参戦しているスーパー耐久シリーズでドライブしているのもGRヤリス。レーシングカーと乗用車の違い(ロールバーやタイヤなど)こそあるものの、コーナリングの挙動は身体に染み付いているので、タイヤのパフォーマンスを敏感に感じとれそうです。

 早速、タイヤを真っ直ぐ転がして感じ取ったのは、接地感の高さです。タイヤの内部構造がしっかり作られているおかげで、直進安定性が抜群でした。これを支えるのは、タイヤ接地面の変形を抑制するために新たに開発された「パワーラインカバーテクノロジー」。

グッドイヤー「EAGLE F1 SUPERSPORT」を履いたGRヤリスの走行シーン画像はこちら

 たとえば、制限速度が120km/hの新東名高速道路で、多少強めな風が吹いてもハンドリングがブレにくくなり、操縦の安心感をより感じられるようになると思います。

画像ギャラリー


新着情報