ガソリン車の惨敗! EVだけが突入できる0−100km/h加速1秒台の世界 (1/2ページ)

ガソリン車の惨敗! EVだけが突入できる0−100km/h加速1秒台の世界

この記事をまとめると

■クルマの動力性能を比較する指標のひとつとしてに0-100km/h加速がある

■世界の名だたるスーパーカーをもってしても長らく0-100km/h加速で2秒を切ることができなかった

■EVとハイブリッドのハイパーカーの登場により0-100km/h加速は1秒台の世界に突入した

0-100km/h加速はクルマの速さを比較するひとつの指標

 クルマの動力性能は、最高速度、0-400m加速、そして0-100km/h加速で比較されることが多い。

 このうち、停止状態からフル加速し、時速100kmに到達するまでのタイムを計る0-100km/h加速は、世界の名だたるハイパフォーマンスカーでも2秒台前半がベストで、長い間、市販車で1秒台を出すのは不可能なのではといわれてきた。

 たとえば、1520馬力を誇るブガッティ・シロン・ピュアスポーツの0-100km/h加速は、2.3秒!

【関連記事】より実用的な指標に変わった! かつてクルマ好きを熱狂させた市販車の「ゼロヨン」タイムが消えたワケ

ブガッティ・シロン・ピュアスポーツの走行シーン画像はこちら

 780馬力の4リッターV8ターボと3基のモーターを搭載し、システム総合出力1000馬力の史上最速の量産フェラーリ、SF90ストラダーレでも0-100km/h加速は2.5秒。

フェラーリF90ストラダーレの走行シーン画像はこちら

 720Sをベースに生み出されたマクラーレン史上もっともパワフルなLTで、765台の限定モデル、マクラーレン765LT(765馬力、トルク800Nm)も0-100km/h加速は、2.8秒。

マクラーレン765LTの走行シーン画像はこちら

 V12気筒、6.5リッターのNAエンジンで770馬力を誇るランボルギーニ・アヴェンタドールSVJも同じく2.8秒。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの走行シーン画像はこちら

 国産車最速の日産 GT-R ニスモは2.7秒。ホンダ NSXだと3.0秒と3秒台に……。

日産GT-Rの走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報