ダイナミックな走りとエレガントな乗り心地を両立するアルピナのニューモデル! BMW アルピナ D4 S グランクーペの予約受注を開始 (1/2ページ)

ダイナミックな走りとエレガントな乗り心地を両立するアルピナのニューモデル! BMW アルピナ D4 S グランクーペの予約受注を開始

この記事をまとめると

■BMWアルピナから新モデルD4 S グランクーペが登場、予約を開始

■BMW 4シリーズ グランクーペの流麗なスタイルをさらにエレガントにスポーティに演出

■ディーゼルエンジンとモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用

4シリーズ グランクーペをアルピナ流で

 ブルカルト・ボーフェンジーペンによって1965年に創業されたアルピナは、長年BMWの車両をベースに自社でエンジンや足まわりに改良を加えてハイエンドな車両を生み出し続ける、ドイツでもっとも小さな自動車メーカーだ。

 そんなアルピナの新モデル、BMW アルピナ D4 S グランクーペの予約注文が始まった。

【関連記事】電動化時代の犠牲者か! 「アルピナ」がBMWのサブブランド化する「苦渋の決断」の後ろにあるもの

BMWアルピナ D4 S グランクーペの写真画像はこちら

 BMW アルピナ D4 S グランクーペのベースとなったのはBMWの4シリーズ グランクーペ。2ドアクーペのような流麗なデザインを保ちながら5ドアとすることで利便性を高めたモデルを、アルピナ流に仕立て直したものとなっている。

 巨大なキドニーグリルが目立つフロントには、アルピナによってオリジナルデザインのスポイラーが加えられ、4シリーズ グランククーペが持つスポーティな雰囲気を引き立たせる。

BMWアルピナ D4 S グランクーペのフロント真正面アップ画像はこちら

 リヤでは、なだらかな曲線を描くクーペならではのルーフラインと控えめなスポイラーが一体感をなし、エレガントさを強調する。さらに、アルピナ・スポーツ・エキゾースト・システムによるオーバル形状の4本出しテールパイプとリヤ・ディフューザーが、BMW アルピナ D4 S グランクーペが高性能なモデルであることを主張する。

BMWアルピナ D4 S グランクーペのリアの写真画像はこちら

 インテリアは、高品質なラヴァリナ・レザーで仕上げられたステアリングホイールなど、アルピナのレザー・ワークショップによりラグジュアリーに仕上げられた。

BMWアルピナ D4 S グランクーペのインテリア画像はこちら

 装備類も、シート・ヒーターやステアリング・ヒーティングなどの快適装備から、可変スピードリミッター、クロス・トラフィック・ウォーニング&レーンチェンジ・ウォーニング、BMWアシスト・システムなどの安全装備までを標準装備とするなど、セグメント随一の充実さを誇る。シフトレバーの脇には製造番号を刻印したアルピナ・プロダクション・プレートが備わるのは、アルピナ・ファンにとってはお馴染みだろう。

画像ギャラリー


新着情報