禁断の同門対決! トヨタ・センチュリーとレクサスLSはドッチがスゴイ? (1/2ページ)

禁断の同門対決! トヨタ・センチュリーとレクサスLSはドッチがスゴイ?

この記事をまとめると

■トヨタにはブランド違いでセンチュリーとLSというふたつのフラッグシップがある

■2車では採用されるプラットフォームもパワートレインも異なっている

■センチュリーはショーファードリブンなクルマでLSはオーナーカーと性格が異なる

どっちもスゴいトヨタとレクサスの最高峰モデル

 トヨタを代表するショーファードリブンであるセンチュリーと、トヨタの高級車ブランドであるレクサスのフラッグシップモデルLS、どちらも1000万円超の超高級車であり、我々には縁遠い車種であるが、果たしてどちらがスゴイのだろうか?

【関連記事】多数のVIPをもてなしてきたトヨタ・センチュリーにまつわるトリビア12選

トヨタ・センチュリーのフロントスタイリング画像はこちら

 まず、価格で比べるとセンチュリーがモノグレードで2008万円なのに対し、レクサスLSは1071万~1792万円となっており、LSは仕様によって価格差が大きくなっているが、ここはやはり最上級グレードとなる「LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive”」を比較対象としたい。

レクサスLSのフロントスタイリング画像はこちら

 価格ではLSを上まわるセンチュリーのパワートレインは、V8 5リッターの排気量を持つ2UR-FSE型エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムとなっており、システム出力は431馬力を誇る後輪駆動モデルとなっている。

トヨタ・センチュリーのエンジン画像はこちら

 一方のLS500hはV6 3.5リッターの直噴エンジンである8GR-FXS型エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドとなり、システム出力は359馬力で四輪を駆動する電子制御AWDとなる。

レクサスLSのパワートレイン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報