フルモデルチェンジでデカグリルのオラ顔に! EVの「i7」もラインアップに加えて新型7シリーズを日本に投入 (1/2ページ)

フルモデルチェンジでデカグリルのオラ顔に! EVの「i7」もラインアップに加えて新型7シリーズを日本に投入

この記事をまとめると

■BMWからフルモデルチェンジした新型7シリーズが発売された

■31インチタッチスクリーンディスプレイなど、後席のおもてなし機能も充実

■ガソリン、ディーゼルに加え、新たに電気自動車の「i7」もラインアップ

ラグジュアリーな空間作りに注力しつつ走りの楽しみも

 BMWの7シリーズは、初代が1977年に登場して以来、長年BMWのラインアップの中でもラグジュアリーであることに重点を置いたモデルとして存在している。

 そして今回、7世代目となる新型7シリーズが発売されることになった。

【関連記事】新型7シリーズで過去最大級に成長したBMWのグリル! でっかい「キドニーグリル」はアリかナシか?

BMWの7シリーズの走行写真画像はこちら

 外観のデザインの特徴は、なんといってもBMWのシンボルのひとつであるキドニーグリルが巨大になったこと。さらにこのキドニー・グリルは、夜間には縁が光るシステムになっており、最上級グレードの存在感を感じさせてくれる。さらに、スワロフスキー製のクリスタル・ヘッドライトも印象的だ。

BMWの7シリーズのグリルが光る写真画像はこちら

 今回はすべてのグレードがロングホイールベース仕様となったことで、先代モデルよりも後席の快適性を大幅に向上。また、ドアハンドルを格納式として空気抵抗の少ないスッキリしたサイドビューとなった。

BMWの7シリーズのリアの写真画像はこちら

 そしてリヤには、BMWの最新モデルのデザインに倣い、L字型のコンビネーションライトを採用。ガソリンとディーゼルモデルに関しては、マフラーエンドを含めてデザインされたリヤバンパーにより、スポーティでまとまりあるスタイルとなった。

 内装では、12.3インチのメーターパネルと14.9インチのコントロールパネルを一体化させたカーブドディスプレイがまず目に入る。そしてこのカーブドディスプレイは、ドライバー側になだらかに湾曲させたことにより、各種インフォメーションの視認性を確保している。そのほか、物理スイッチ類も最低限のものにまとめ、煩雑な見た目にならないように工夫された。

BMWの7シリーズの内装の写真画像はこちら

 また、先代モデルより約40%の面積拡大を果たした標準装備のパノラマガラスサンルーフも存在感を放つ。パノラマガラスサンルーフが新型7シリーズの車内を開放感ある空間に演出し、さらに内蔵されたLEDが豪華さに華を添えてくれる。

BMWの7シリーズのサンルーフの写真画像はこちら

 そして圧巻なのは後席のために用意された豪華なオプションの数々。8K対応の31インチタッチスクリーンディスプレイのBMWシアター・スクリーンやバウワース&ウィルキンスのサラウンドサウンドシステム、ドアにコントロールパネルを内蔵したBMWタッチコマンドなどが設定され、後席の乗員をおもてなす。

BMWの7シリーズの後席ディスプレイの写真画像はこちら

 新型7シリーズには、アマゾンが提供する「Fire TV」も搭載されているから、まるで後席が映画館のような空間に早変わりする。ちなみにこのスクリーンは格納式で、展開することで後部座席の窓ガラスにシェードがかかり、集中して映像を鑑賞できる環境となっているのはラグジュアリーの極みだ。

画像ギャラリー


新着情報