移動したい……クルマから降りたくない……「あぁ極楽極楽」感漂う超快適リヤシートのクルマたち (1/2ページ)

移動したい……クルマから降りたくない……「あぁ極楽極楽」感漂う超快適リヤシートのクルマたち

この記事をまとめると

■後席が充実している高級車を紹介

■シャンパングラスやマッサージ機能、大画面モニターなどを備えるクルマが多い

■軽自動車界にも1台「プレミアム感」を味わえるクルマがある

「凄すぎる」の一言に尽きる後席が充実しすぎているクルマ

 クルマの装備は電動化、デジタル化とともにますます高度、高級なものになっているが、装備の充実度は、多くの場合、前席に限られる。その好例が、レクサスLSの5代目、2017年10月に登場したXF50型のエクスクルーシブグレードにレクサス初として用意されたフロントリフレッシュシート(つまりマッサージ機能)。

【関連記事】この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

LS全体画像はこちら

 眠気を誘わないように、後席用よりマッサージ機能に配慮しているというものの、指圧師がマッサージしてくれるような、親指サイズの2×3cmの空気袋を座面に10カ所、背もたれに10カ所備え、運転中でもリフレッシュが可能。多くの高級車にある後席だけでなく、ドライバーのためにもリフレッシュ(もてなし)機能を初採用した事実は、レクサスのフラッグシップサルーンたるLSの、ドライバー最優先のクルマ作りの思想をしっかりと反映させたものにほかならない。そもそも自らステアリングを握るLSドライバーにとって、一番リフレッシュさせてほしいのは、自身なのだから。

LSシート画像はこちら

 しかし、主にセダン系の高級車、VIPカー、ショーファードリブンカーにおいては、やはり後席に豪華装備が奢られ、前席よりも後席の充実度がより高いクルマが存在する。そう、後席に乗る人のためにあるような高級車である。

 その世界最高峰の1台と言えるのが、ロールス・ロイス ファントム。ラグジュアリーを極めた豪華すぎる後席には、なんとシューティング・スター・ヘッドライナーと呼ばれる、何百もの光ファイバー・ライトが本革ルーフライニングに繊細にはめ込まれ、独自の色や星座でカスタマイズし、オリジナルの星空を作れるプラネタリウムのような世界を楽しめる装備が施されている。

ロールスロイス全体画像はこちら

 43.5度のリクライニング機構、シャンパンクーラーなどはもはや当たり前として、そうしたオーナーを喜ばせる飛びぬけた装備に行きついているのである。

シューティング・スター・ヘッドライナー画像はこちら

 英国のロールス・ロイスが出てくれば、ドイツのメルセデスベンツも黙ってはいない。メルセデス・マイバッハ Sクラスの後席エグゼクティブシートには、レッグレスト、ふくらはぎのリラクゼーション機能(マッサージ機能)を備えるほか、4人乗り仕様となるファーストクラスパッケージになれば、クーリングボックス(冷蔵庫)、格納式テーブル、そしてシャンパングラスまで装備される。

メルセデスマイバッハ Sクラス画像はこちら

 さらに、後席のベルトフィーダーが自動でシートベルトを手の届きやすい位置まで送り出し、シートベルトの着用を自然な形で促してくれるシートベルトフィーダー、リヤドアの電動開閉機能まで装備しているほどだ。

メルセデスマイバッハ Sクラスグラスケース画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報