旧車の高騰にひよってる奴いる? いねえよなぁ!? 「東卍」の影響で旧車バイクの相場が爆上がりしていた (1/2ページ)

旧車の高騰にひよってる奴いる? いねえよなぁ!? 「東卍」の影響で旧車バイクの相場が爆上がりしていた

この記事をまとめると

■今も昔もヤンキーをターゲットにしたマーケティングは一定以上の成果をあげている

■アニメ「東京卍リベンジャーズ」のヒットで旧車バイクの相場が高騰している

■今回は作中に登場するなかでも人気の高い旧車バイクを紹介する

マイキーの愛車の人気は兄貴分のCB400T超え

 10年ほど前に「マイルドヤンキー」なる流行語が生まれましたが、今も昔もヤンキーをターゲットにしたマーケティングはわりと成功しているようです。漫画やアニメが売れるのはもちろん、周辺商材が爆発的ヒットを飛ばしたり、流行によってプレミアがついたりするなど、社会的トレンドになることもしばしば。

 ここ最近では「東京卍リベンジャーズ」(以下、東卍)の影響力はすさまじいもので、一部のマニアのみならず「マイルドヤンキー市場」がにわかに活気づいています。その最たる例が作中に登場する「旧車」と呼ばれるバイクたち。もっとも、これまでもビンテージ、プレミアムモデルと呼ばれ、一部の「古いバイク」がありえないような値札をつけられてきました。が、東卍ではバリエーションが広がり、当時を知る方々にとっても「は? そんなバイクまで!」と驚かされるモデルまで値上がりしているようです。そんなバイクをいくつかピックアップしてみましょう。

 マイキーこと、佐野万次郎が乗っていることで一躍脚光をあびたのがホンダCB250T、ペットネームにHAWK(ホーク)の名がつけられています。

【関連記事】トヨタ2000GTやレクサスLFAも! 巨人トヨタがクルマの心臓「エンジン」をヤマハに開発させるワケ

ホンダCB250Tのサイドスタイリング画像はこちら

 東卍が流行る前まで、ホークといえばホークⅡ、すなわち兄貴分のCB400Tだったのですが、まんまと人気のポジションを奪われてしまった恰好です。旧車のなかでもトップ10に入る人気を誇るCB400Tに比べ、250Tは排気量が少ない分パワーに欠け(26馬力)、現役当時もそれほど売れまくったわけではないにもかかわらず、です。

ホンダ・ホークII CB400Tのフロントスタイリング画像はこちら

 やはり、ヤンキー漫画の影響は大きくて、メンテのなされた個体なら100万円くらいの値札で並んでいるとのこと。なお、作中では「バブ」と呼ばれており、理由はエンジン音が「バブー」と聞こえるらしいのですが、当時を知る元暴走族に尋ねると「そんなの聞いたことない」とのこと。直管バリバリだったオッサンですから、さもありなん。真偽のほどは不明、としておきましょう。

画像ギャラリー


新着情報