旧車の高騰にひよってる奴いる? いねえよなぁ!? 「東卍」の影響で旧車バイクの相場が爆上がりしていた (2/2ページ)

アニメの影響で旧車市場はにぎわうも熱くなり過ぎは勘弁

 マッハの名は、バイクに詳しくない方でも一度は耳にしたことがあるでしょう。ちょい古バイクの中でも750SS(マッハⅣ)などは別格扱いで、国内はもとより海外でも不動の人気を誇っています。

【関連記事】トヨタ2000GTやレクサスLFAも! 巨人トヨタがクルマの心臓「エンジン」をヤマハに開発させるワケ

カワサキ750SSのサイドスタイリング画像はこちら

 3気筒2ストロークエンジンという今では望むべくもないユニットが搭載され、マッハのペットネームにふさわしい速さを誇ったとされています。前述の元暴走族に言わせると「パイセン(先輩)乗ってたけどうるさかったわ」と、さすが最終学歴:教習所だけあってショッパいボキャブラリを露呈するコメントのみ。東卍では、そんなマッハの次世代にあたるKH400が登場し、暴走族「東京卍會」の創設者たる羽宮一虎がコロがしてる設定。

カワサキKH400のサイドスタイリング画像はこちら

 3本出しのマフラーが奏でるサウンドはそれこそバリバリと勇ましいもの。今でも路上で見かけたりしますが、すぐに「あ、ケッチだ!」ってわかるサウンドです。それゆえ、東卍に登場する以前からやんちゃバイカー御用達なイメージだったのですが、やはり2スト3気筒ってのは歴史的価値もあるので、お値段もグイグイ高騰中。納得いく個体であれば300万円程度で、海外のバリもんは500万円オーバーの値が付いているものさえあるようです。

 もっとも、SSはさらにワンランク上の値段ですから、考えようによってはお買い得かもしれません。

 ところで、いろんなヤンキー漫画へのオマージュが読み取れる東卍ですが、スズキGSX400FSインパルスを駆る三ツ谷隆は「湘南爆走族」の江口洋助へのオマージュなんですかね。江口もスズキGS400だったし、「手芸のエっちゃん」てニックネームを受けたのか、三ツ谷君も手芸部所属。こういうところでニヤリとしているオールドファン、件の元暴走族みたいな輩もたくさんいることでしょう。

スズキGSX400FSインパルスのサイドスタイリング画像はこちら

 もひとつ忘れてならないのは、これまた暴走族漫画のプラチナム的名作「特攻の拓」に出てきた一条武丸のインパルス。海外でも有名な「BOSOZOKU」マシンで、月光カウル/3段シート/旭日旗カラーすべてを揃えたデフォルトマシン。「インパルス? みなごろしでしょ」元暴走族のコメントがイミフだったのですが、一条君の口癖が「皆殺しにしてやる」だったのですね。

 そのほか、暴走族マシンのトップ3たるヤマハRZ350、ホンダCBX400F、カワサキZ400FXといったマシンも程よくスパイシーに登場しており、旧車市場のにぎわいをさらに太く熱くしているようです。

カワサキZ400FXのサイドスタイリング画像はこちら

 ヤンキーや旧車で経済がまわっているって、なんだかんだいっても日本は平和な国なんだと改めて感じ入りませんかね。

画像ギャラリー


新着情報