またも顔の違うワゴンRが追加! 大注目も「カスタムZ」を含めて最新ラインアップを整理してみた (2/2ページ)

注目すべきは新設定の「カスタムZ」

 一部仕様変更の内容は、夜間の歩行者にも対応し検知するデュアルカメラブレーキサポートをワゴンR全車に標準装備したほか、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)、車線逸脱抑制機能をワゴンR FX、ワゴンR昇降シート車を除いて標準装備。安全機能を一段と充実させているのである。

【関連記事】「ミニカトッポ」に「アルトハッスル」! 「トール軽」バカ売れ前夜の「挑戦車」たち

スズキ・ワゴンRのエアバック作動イメージ画像はこちら

 さらにコネクテッドサービスのスズキ・コネクトに対応したほか、全方位モニター付きディスプレーオーディオをワゴンR FX、ワゴンR昇降シート車を除いてオプション設定している。

 しかし、最大のハイライトは、ワゴンR カスタムZグレードの追加だろう。流行りの大開口のフロントグリル、専用デザインのヘッドライト、フロントバンパーを採用し、フロントマスクの精悍さをアップ。また、インテリアをブラック基調として力強さと上質さを表現している。さらにアップグレードパッケージやマイルドハイブリッドターボモデルの設定もあり、これまでにないワゴンRを登場させたことになる。なお、ターボモデル比較では、スティングレーHYBRID T 2WDの168.85万円に対して、15インチタイヤを装着し、装備類がほぼ同等のワゴンR カスタムZ HYBRID ZTは163.35万円と、5.5万円安い価格設定としている。

スズキ・ワゴンR カスタムZのフロントスタイリング画像はこちら

 つまり、これまでの標準車とカスタム系のスティングレーという展開から、カスタムZグレードを加えた3モデル展開となり、標準車だとちょっと大人しすぎる、しかしスティングレーのアメリカンな顔つき!? には抵抗がある……といったユーザーに、SUVやミニバンでも大流行の押し出し感と迫力ある顔つきを持つカスタムZは文句なしに最適なグレードなるに違いない。顔つきが立派でも、マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボが選べる自由度は、今のスティングレーには望めない購入ポイントとなるはずだ。

 走りの上質さ、静かさで圧倒することは間違いないターボを選ばなくても、マイルドハイブリッドのアップグレードパッケージ(6.6万円)を選べば、15インチアルミホイール、リモート格納ドアミラー、本革巻ステアリング、本革巻シフトノブやIRカット機能付きフロントガラス、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、メッキドアハンドル、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーが備わるから、速さは必要ないけれど、軽自動車らしからぬ迫力ある顔つき、上級装備は欲しいし購入価格も抑えたい……という人にカスタムZはもうピッタリだろう。

スズキ・ワゴンR カスタムZのリヤスタイリング画像はこちら

 これでハイトワゴンのパイオニアというべきワゴンRの商品力が増したことは確かだが、あとはライバルメーカーにある、ACCの機能をさらに充実させ、運転席の足もとがすっきりする電子パーキングブレーキと、一時停止時にブレーキを踏み続けなくてよくなるとオートブレーキホールド機能が加われば、文句なし。純スズキ車がまだ持っていない電子パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能の追加は急務ではないだろうか。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報