哀川 翔率いる「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」が参戦! ラリー北海道2022 XCRスプリントカップに要注目

哀川 翔率いる「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」が参戦! ラリー北海道2022 XCRスプリントカップに要注目

この記事をまとめると

■「XCRスプリントカップ」に「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」が参戦

■1号車プラドは川畑真人選手、2号車FJは竹岡圭選手がドライバーを務める

■TOYO TIRESオープンカントリーR/Tを装着予定で、他社競合タイヤメーカーとの戦いにも注目

プラドとFJクルーザーの2台体制で上位を狙う

 2021年より北海道を中心に全日本ラリーと併催されるSUVラリーとしてスタートした「XCRスプリントカップ」。クロスカントリーラリーとなる「XCRスプリントカップ」は、ランドクルーザープラドやハイラックスなどのSUV車両を中心にTRDやCUSCOなどの国内有力チームが参戦、熾烈な争いが繰り広げられている。

 そんな「XCRスプリントカップ」に、哀川翔さんが監督を務める「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」が参戦を表明。2022年9月9〜11日、北海道で開催される「ラリー北海道FIA国際ラリー、全日本ラリー選手権」併催の「XCRスプリントカップ」にエントリーした。

【関連記事】「初代レガシィ」「ランチア」「RX-7」が全開アタック! セントラルラリー「ヒストリックカークラス」が昭和世代に突き刺さりまくりだった

哀川翔監督のバストアップ画像はこちら

「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」は、国内外の数多くのクロスカントリーラリーに参戦しており、今回は、JAF規格に適合した1号車トヨタ・ランドクルーザー150プラド FLEX Racingスペックと、2号車トヨタFJクルーザーFLEX Racingスペックを投入する。これら2台は、長年チームを支えている中央自動車大学校の学生とフレックス株式会社が1から組み上げて製作した車両となっている。

2号車トヨタFJクルーザーFLEX Racingスペックのサイドビュー画像はこちら

 1号車となるプラドのドライバーは、2019年より同マシンをドライブする「Team TOYO TIRES」の川畑真人選手。D1をはじめとしたドリフト競技で世界中に名を馳せているだけでなく、AXCR参戦やJCCRプレ大会総合優勝など、クロスカントリーラリーのドライバーとしても実績を積んでいるだけに、国内有力チームと組んでの本格的なSSスプリントラリーでの戦いに期待も大きい。

1号車トヨタ・ランドクルーザー150プラド FLEX Racingスペックのドライバーの川畑真人選手画像はこちら

 2号車となるFJのドライバーは、モータージャーナリストとしても活躍する竹岡圭選手。クロスカントリーラリーは初ドライブながら、全日本ラリー選手権やセントラルラリー参戦の実績があるだけに、どこまでFJを乗りこなして上位に食い込めるかに期待がかかる。

2号車トヨタFJクルーザーFLEX Racingスペックのドライバー竹岡圭選手画像はこちら

 コ・ドライバーは、それぞれ哀川 翔監督のコ・ドライバーを務めた実績のある中谷篤さんと中田昌美さんが務める。ラリー北海道出場経験のあるふたりのベテランの経験値を活かして完走を目指す。

 タイヤには、TOYO TIRESオープンカントリーR/Tを装着予定で、他社競合タイヤメーカーとの戦いにも注目が集まる。

1号車トヨタ・ランドクルーザー150プラド FLEX Racingスペックと2号車トヨタFJクルーザーFLEX Racingスペックのリヤスタイリング画像はこちら

 ラリー北海道2022「XCRスプリントカップ」では、哀川翔監督率いる「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」に注目だ。

画像ギャラリー


新着情報