全日本ラリーにまさかのジムニー出走で大注目! 気になる走りは「かなりスポーティ」 (1/2ページ)

全日本ラリーにまさかのジムニー出走で大注目! 気になる走りは「かなりスポーティ」

この記事をまとめると

■全日本ラリー選手権の第6戦「ARKラリー・カムイ」にジムニーが参戦

■クスコブランドを展開するキャロッセが独自に開発したマシンだ

■XC-1クラスの出走はキャロッセのジムニーの1台のみだったので今後の展開に期待だ

まさかのジムニーがラリーに登場!

 全日本ラリー選手権の第6戦「ARKラリー・カムイ」が7月8日〜10日、北海道のニセコ町で開催。今季初のグラベルイベントとして注目を集めるなか、圧倒的なパフォーマンスを見せつけつけたのが、シュコダ・ファビアR5を駆るヘイッキ・コバライネンだった。

【関連記事】タフトやハスラーはダメ!? カスタムイベントが「ジムニー」だらけな理由

ファビアR5走り画像はこちら

 第一出走車のコバライネンは“路面の掃除役”を強いられていたが、それでもSSベストを連発し、スバルWRXを駆る新井敏弘を抑えて今季5勝目を獲得。まさに圧巻のパフォーマンスだったが、同ラウンドでは最終出走車も注目を集めていた。

 最後尾から走行していたマシンとは「スズキ・ジムニー」で、ラリーの名門、キャロッセが軽自動車のオフロード4WDモデルを投入。対象クラスは昨年よりグラベル戦に設けられている“XCクラス”で、2021年にデビューした数台のトヨタ・ハイラックスがXC-2クラスに参戦する一方で、全日本ラリー選手権に初参戦となるジムニーはXC-1クラスに参戦していた。

キャロッセジムニー画像はこちら

 キャロッセといえば、これまでトヨタ・ヴッツ4WDやトヨタC-HRなど、独自の競技車両を開発してきた実績を持っており、このジムニーも独自に開発。APIOのロールゲージをインストールしたほか、サスペンションはCUSCOの3WAY減衰調整式ダンパー、LSDには同じくCUSCOのタイプRSと自社パーツを採用するなど走破性を高めた仕上がりだ。

ジムニーダンパー画像はこちら

 そのほか、クラッチはORC、フロントブレーキローターはCIRCO、ブレーキパッドはWINMAX、マフラーは柿本、シートはBRIDEホイールはRAYS、タイヤはダンロップとエンジンはほぼノーマルの状態ながら細部まで開発に余念がない。

ジムニーシート画像はこちら

 同マシンのターゲットとなったのは2022年にスタートした「XCRスプリントカップ北海道」で、1月および2月に開催されたスノーラリー、6月にダートコースで開催された第3戦を経て、林道グラベルを舞台にしたラリー・カムイで、ついに全日本ラリーのデビューを迎えたのである。

名前:
廣本 泉
肩書き:
JMS(日本モータースポーツ記者会)会員
現在の愛車:
スバルWRX STI(GDB-C)
趣味:
登山
好きな有名人:
石田ゆり子

画像ギャラリー


新着情報